車の高額買取のポイント

 

車の高額買取のポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.車を高く売るためにはどんなことをすればいいのか?

 

車を売る上でとても重要になってくる要素があるのですが、
意外と多くの方はその方法を理解していないことが多いんですね。

 

そのために、車の買取の際に大きな損をしてる場合が非常に多いんです!

 

車を売るための方法というのは多くのインターネット上のサイトに転がっていますが、
実際に車を高く売るために効果的な方法というのは少ないのが現状です。

 

そのため、当サイトでは元車買取業者という立場から、

 

・車を高く売るための方法は?
・どんな車が高く売れるのか?
・時期によって査定額は変わってしまうのか?などなど

 

車を売ろうと考えている方なら恐らくぶち当たってしまうだろう疑問を
画像などを利用しながらわかりやすく解説しているので参考にしてください!

 

 

 

1-1.車を綺麗にしておくことがとても重要

 

 

車を綺麗にしておくことがとても重要

 

 

車買取の基本として車を綺麗にしておくことがとても重要です。

 

まずひとつめ、自動車の売却に限らず、他の商品の販売の場合でもそうで、当たり前のことなのですが自動車を綺麗にすることです。

 

車を綺麗にすることが直接的に査定額UPにつながるわけではありませんが、車を綺麗にしておくことで査定をする人の印象が格段に良くなるというポイントがあります。

 

車を洗っておくことで査定士の印象も大きく変わってきますので実践しましょう!

 

 

 

1-2.自分の車の良い所をアピール

 

 

自分の車の良い所をアピール

 

 

自分の車の状態などをアピールするのもいいでしょう。

 

次に自動車の長所ポイントをアピールする、愛車の良いところ、
特に目に見えないところを買い取り手側に伝えることです。

 

今までの日ごろからの保存状態、たとえば家に屋内ガレージがあれば、
毎日ガレージにいれ手入れをしていたなどプラスの査定ポイントをアピールしましょう。

 

他にはメンテナンス状況、オイル交換や車内で喫煙したことが無いなど、
ワックスかけに関しても車の買取業者に伝えたほうが良いでしょう。

 

そこまで査定に影響は出ませんが伝えることはとても重要です!

 

 

 

1-3.その場で即決しない

 

 

その場で即決しない

 

 

買取担当者の勢いに押されてしまうと買いたたかれやすくなってしまいます。

 

買取担当の人は1円でも車を安く買いとるプロですから、『言葉巧みに話されてしまい勢いで売ってしまい失敗した。』と言う経験をしている人が意外と多いんです。しかし、『その場で即決しない』と言う、たったこれだけのことで買取価格が上がることがあるんです。

 

と言うのも、買取価格には相場があるんです。買取価格は業者によって違いがあり、現在では10社の買取価格を一括査定することができるんです。また、買取相場が分かれば『相場よりも50,000円安いから、もっと値段をつけてくれないと売れない』などと交渉がしやすくなり、高額買取が期待できます。

 

買取相場を知れば高額買取が期待できます!

 

 

 

1-4.必要書類はしっかりと準備しておく

 

 

必要書類はしっかりと準備しておく

 

 

3つ目に自動車査定前に必要書類はもれなく揃えておくことです。

 

中古車の買取りを依頼する際、いくつか重要書類が必要になってきます。
必要な書類が揃わない場合、買取りがスムーズにできなくなる場合があります。

 

車買取をする際には必要な情報がなければ査定を正確に行うことや
その後の売却がスムーズにいかない場合が非常に多くなっています。

 

そのため、車を査定してもらいう際にはまずはどんな書類が査定には必要なのか?
買取店に確認しておくと不備なく査定をしてもらうことができるでしょう!

 

自動車検査証(車検証 ) 自動車検査証は、ご存知の通り車内に常備しておくことが義務づけられている大切な書類です。紛失してしまった場合は、すみやかに運輸支局に再交付してもらいましょう。
自賠責保険証明書 自賠責保険が切れている場合、車を買い取ってもうらうことができません。紛失してしまった場合は、加入している保険会社に依頼して、すみやかに再交付してもらいましょう。
発行日より3ヶ月以内の名義人の印鑑証明1通 市区内町に実印が登録されていることを証明する書類です。
自動車税の納税証明書(当年度)1通 毎年5月に送付される自動車税納付書です。紛失してしまった場合は、すみやかに各都道府県の税事務所で再交付してもらいましょう。
実印 売却する中古車の名義変更(代行)の際に必要な委任状や譲度証明書に捺印するため、実印を持参して下さい。
住民票 車検証に記載されている住所と印鑑証明書の住所が異なる場合、住民票が必要です。また、転居などによって、現住所と車検証の住所と異なる場合、以下の書類が必要となります。
1回移動している場合 住民票1通(現在中の地域の役所にて取ることができます。)
2回移動している場合 住民票の除票1通(車検証の住所(地域)の役所にて取ることができます。)
3回以上移動している場合 住民票1通+戸籍謄本の附票1通(本籍地の役所にて取ることができます。)

 

 

また、結婚のため改姓されている場合や、車の残債がある場合は、戸籍謄本など別途書類が
必要になってきますので、売却の際、買取店にお問い合わせ下さい。

 

このように必要な書類は多岐に渡るので事前に確認しておくのがオススメです!

 

 

 

2.車の買取り商談成立!お金はいつ振り込まれるのですか?

 

車の買取り商談成立!お金はいつ振り込まれるのですか?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.車買取の際の振込は1週間前後が多い

 

 

買取り業者によってお金を振り込むまでの期間が少々異なります。

 

だいたい商談成立してから2〜10日前後にあなたの銀行口座へ振り込まれるようになっています。

 

しかし、振り込みが遅れてしまうパターンもあるので注意が必要です。

 

・買取に必要な書類を書き違えていたり
・必要な書類の提出を忘れた(ほとんどありませんが)

 

振り込まれるのが遅くなってしまう、または振り込まれていないというトラブルが発生しますので注意が必要です。そして、振り込まれる時間なのですが、買取り業者すべて朝一に振り込まれているわけではなく、お昼になる場合もあります。

 

お金に関することですので朝一に振り込まれていないと驚き焦ってしまいますですので、商談が成立した後には日時と時間は必ず買取り業者に聞くようにしておくと安心です。

 

大切な車を売るわけですから、しっかりと対応してくれる買取り業者を選びスムーズに契約が終わるようなところを選べたら、手こずる心配もなく気持ちのいい取引が出来ますよ。

 

 

 

2-2.車の買い替えは振り込まれてからの方が良いです

 

 

車の買い替えは振り込まれてからの方が良いです

 

 

車の買い替えはしっかりとお金が振り込まれてからの方が良いでしょう。

 

新しい車を買う場合には買取りしてもらったお金を次の車の頭金にしようと考えている方もいらっしゃると思います。その時、買い取ってもらったお金が入金されるのに合わせてしまうと、万が一の時に頭金への対応出来ない可能性があります。

 

そのため、入金されてから新しい車の購入をされるのが良いですよ。

 

それが面倒な方に良く利用されるのが車の下取りなんですね。
車の下取りは買い替える車の値引きの役割をしています。

 

そのため、現金で渡されることはないので振り込み日時を気にする必要はないんですね。

 

 

 

<車買取お役立ちページ>

 

 

車下取りに関する画像

 車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

車を売るときに下取りを行う人って意外と多いです。しかし、車の下取りで売ると損する可能性も実は高いんです。そこで、車を少しでも高く売る方法をご紹介しています。

 

 

 

 

車の高額買取のコツ!記事一覧

1.パーツはどのような査定が行われるのか?もし、車のパーツを純正ではなく違うパーツに交換していた場合、これは車の査定の際にプラスの査定につながるのでしょうか?利用していた場合と査定額に大きな違うのでしょうか?パーツの査定がどのように行われていくのか見ていきましょう。1-1.純正パーツと取り付けパーツの査定の違い純正・取り付けのパーツで査定額に大きな差は出ません。査定する業者にもよると思いますが、よ...

1.ETCは車買取でプラスの査定になる?純正としてETCが付いている車これは査定に影響があるのでしょうか?『ETCが付いている車はついていない車より高く査定してもらえますか?』こういった質問があることからも興味の高さはわかります。実際にETCは買取でプラスの査定になるのでしょうか?1-1.ETCが付いていてもプラスの査定にはならない残念ながら、ETCは査定額にそれほど影響を与えないというのが実情で...