自動車保険はどんなプランに入ったらいいの?

 

自動車保険はどんなプランに入ったらいいの?に関して詳しく説明している画像

 

1.自動車保険は保険料の安さで選ぶべき?

 

自動車保険を選ぶときのポイントに『保険料の安さ』をあげる人が多いのですが、保険料が安いということは補償内容も十分でない場合が多く、いざというときに不安が残ります。

 

そのため、自動車保険は保険料の安さだけで選ぶのではなく、保険料が安さと補償内容のバランスが重要なんです。

 

ただし、それには自動車保険をしっかりと理解する必要があるのですが、自動車保険にはわかりにくい部分がたくさんあります。そこで、ここからは自動車保険の補償内容や代理店型と通販型の違いなどについて詳しく説明していきます。

 

自動車保険をしっかり理解して自分に合ったプランを選びましょう!

 

 

 

1-1.対人・対物などの補償内容を確認

 

 

どういった場合に補償されるのかや補償額を確認しましょう。

 

事故が起こった場合や事故に合ったときの補償内容は保険選びの重要項目なので、以下の3点はしっかりと確認しましょう。

 

【@ 対人補償 】
他人に怪我を負わせたり死亡させてしまったときのための保険

 

【A 対物補償 】
他人の車やものに損害を与えてしまったときの補償をするための保険

 

【B 車両保険 】
事故や自然災害などで壊れたり傷ついた自分の車を直すときに使う保険

 

 

なお、車を運転するときには自賠責保険に加入しなければなりませんが、死亡事故などでは自賠責保険だけだと補償ができないこともあります。そのため、任意保険では保険料が高くなっても補償内容は充実させるべきです。

 

また、自賠責保険では相手や自分の車、ものを補償することができません。つまり、任意保険に入っていないと車の修理費だけでなく、店舗などを壊した場合には店舗の修理費、閉店中の売上補償なども行わないといけません。

 

万が一のため任意保険の補償内容は充実させておきましょう!

 

 

被害

任意保険

自賠責保険

相手の補償

怪我

無制限(※)

〜120万円

死亡

〜3000万円

後遺症

〜4000万円

補償なし

もの

補償なし

自分の補償

怪我

補償なし

死亡

補償なし

後遺症

補償なし

補償なし

もの

補償なし

※ 契約プランなどによる

 

 

 

1-2.代理店型と通販型(ダイレクト型)の違いを確認

 

 

代理店型と通販型では保険料の安さなどが違います。

 

任意保険の補償内容を充実させたいと思っても、保険料が支払えなければ意味がありません。ですが、任意保険には『代理店型』と『通販型(ダイレクト型)』があり、通販型の方が保険料を安くすることができます。

 

なぜなら、自動車保険は車を買ったときにディーラーなどで契約することが多いかもしれませんが、ディーラーなどを保険の窓口にすると、

 

・保険会社と直接契約するわけではない
・手数料などのマージンがかかる

 

このような理由から保険料が割高になるケースが多いんです。ですが、通販型ならスマホやパソコンを使って自分で契約するため、手数料などがかからず保険料を安く抑えることができます。

 

保険料を少しでも安くしたいなら通販型を検討してみましょう!

 

 

 

1-3.運転する人の年齢制限を確認

 

 

運転する人の年齢によって保険料が変わってきます。

 

交通事故は統計を見ると若い人ほど起こす確率が高くなっていて、年齢を重ねるにつれ事故率は下がっていきます。

 

そのため、保険会社では、

 

・20歳未満
・26歳未満
・30歳未満
・30歳以上

 

このように年齢制限を設けていて、同じ補償内容でも年齢が高くなっていくにつれ保険料が安くなるようになっています。

 

そのため、『息子や娘には自分の車を運転させない』などの場合には保険料を安く抑えることができます。ただし、条件を無視して万が一事故を起こした場合、相手側への補償で保険を使うことはできないなどの欠点があります。

 

年齢制限に当てはまらないと保険が下りないので注意しましょう!

 

 

 

1-4.搭乗者補償の範囲を確認

 

 

運転する人以外の補償をつけるかどうかで保険料が変わってきます。

 

搭乗者補償とは運転する人以外が事故で怪我をしたり死亡したときなどに備える保険で、

 

・補償の範囲は家族限定
・家族以外でも補償する

 

などの範囲を制限することによって保険料が変わってきます。

 

そのため、『友人などを乗せることが多い』という人は搭乗者補償をつけておくのがおすすめです。そして、家族以外を補償外にしていれば保険料は安くなりますが、事故で怪我したときの治療費などを自分で支払わなければならないという欠点もあります。

 

補償範囲に当てはまらないと保険が下りないので注意しましょう!!

 

 

 

2.おすすめの自動車保険や自分に合ったプランを選ぶには?

 

おすすめの自動車保険や自分に合ったプランを選ぶには?に関する画像

 

 

自動車保険はさまざまな角度から比較して選ぶことが重要です。

 

これまで見てきたように自動車保険は保険料の安さと補償内容のバランスを考えながら、

 

選ぶべき自動車保険

たまにしか運転しない

補償内容よりも保険料の安さが大事

仕事で毎日運転する

保険料が高くなっても補償内容が大事

初心者または運転が苦手

しっかりとした補償内容が大事

 

 

このように、自分に合った会社やプランを選ぶことが重要です。しかし、自動車保険は似たようなプランで保険会社によって保険料が違っていたりするので、

 

『どの保険会社が一番安いのかよくわかならい』
『1社づつ条件や保険料を調べるのは大変』

 

などと、数ある自動車保険から自分にぴったりのプランを選ぶのはかなり大変です。

 

そこでおすすめなのが自動車保険の『一括見積サービス』です。

 

一括見積サービスでは保険内容や保険料の上限などを入力するだけで、多くの保険会社やプランをまとめて比較することができます。そのため、自分に合った支払いやすいプランや充実の保険内容を簡単に見つけることができるんです。

 

一括見積で自分に合った自動車保険のプランを簡単に見つけましょう!

 

 

 

3.自動車保険のQ&A

 

自動車保険のQ&Aに関する画像

 

 

3-1.事故の過失割合で揉めたら?

 

 

自動車の事故に詳しい弁護士を保険で雇うこともできます。

 

交通事故でお互いに原因がある場合には過失割合を決め、その割合に応じて修理費や怪我の治療費を支払います。しかし、過失割合で揉めるケースも多く、場合によっては裁判となることもあります。

 

そのようなとにも、自動車保険の『弁護士特約』をつけていれば安心です。

 

弁護士特約をつけていれば高額な弁護士費用を保険で支払うことができますし、何より交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらうこともできます。また、弁護士から相手側へ連絡をするだけで簡単に示談に応じるケースもあるので、裁判とならずにすむかもしれません。

 

示談で揉めた場合でも弁護士特約をつけていると安心です!

 

 

(参考)
交通事故から保険金のお支払いまでの流れ

 

 

 

3-2.知らないうちについた車の傷も補償してくれますか?

 

 

知らないうちについた車の傷は車両保険でカバーできます。

 

自分が車に乗っているときに限らず、

 

『スーパーの駐車場で買物中に傷をつけられた』
『マンションの駐車場に停めておいたら落書きされた』

 

などと知らないうちに車が傷つけれる可能性がありますが、傷つけられたところを見ていない場合でも車両保険に入っていれば泣き寝入りすることはありません。

 

なぜなら、車両保険では知らないうちにつけられた傷なども保険を使って直すことができるからです。ですが、保険を使って直した場合には翌年の保険料が上がったり、年式が古くなった車だと修理費があまり出ないなどのデメリットもあります。

 

車両保険を使った場合にはデメリットもあるので注意しましょう!

 

 

 

3-3.走行距離で保険料は変わりますか?

 

 

走行距離に応じて保険料が安くなる自動車保険が増えてきました。

 

交通事故は走行距離が多くなるにつれ起きやすくなるので、最近では走行距離に応じて保険料が安くなる自動車保険が増えてきました。そのため、そのような自動車保険に入れば年間の保険料を最大6,000円程度安く抑えることもできます。

 

なお、保険会社にもよりますが、保険料の基準となる走行距離は、

 

・年間3,000km未満
・年間5,000km未満
・年間10,000km未満

 

などと分かれていることが多く、あらかじめ年間の走行距離を予想した分の保険料を支払います。そして、もしそれ以上に走行距離が多くなった場合には、保険料を追加して支払うケースが多くなっています。

 

あまり車を運転しない人なら走る分だけの自動車保険もおすすめです!

 

 

(参考)
免許証の種類や走行距離などによって自動車保険料は変わります

 

 

 

3-4.自転車での事故も自動車保険でカバーできる?

 

 

特約に自転車事故の補償が含まれていることもあります。

 

最近では自転車が巻き込まれる事故だけでなく、自転車が加害者になる事故も増えてきました。そのため、自分が加害者になるケースを想定して自転車事故の補償が含まれた特約をつける人もたくさんいます。

 

なお、自転車を運転している側が事故を起こした場合、神戸地裁で9,500万円の賠償を命じる判決が出たこともあります。このように、自転車の事故も車と同じように高額な慰謝料を支払わなければならない可能性があるんです。

 

自転車が加害者になることもあるので特約をつけるのがおすすめです!

 

 

 

3-5.借りた車で事故を起こしたときの修理費は?

 

 

自分の車両保険の特約でカバーできることもあります。

 

『旅行中にレンタカーで事故を起こした』
『友人から借りた車で事故を起こした』
『車検で借りた代車に乗って事故を起こした』

 

このような場合でも修理費は自分の自動車保険から支払えるのでしょうか?

 

もちろん、このような場合でも車両保険の特約でカバーできることもあります。

 

ただし、借りていた車まで保険で直すとなると保険料が高くなりますし、自分の車を車両保険で修理したときと同様、翌年からの保険料が高くなるデメリットもあります。また、保険会社やプランによってはこのような特約がないこともあります。

 

借りた車を保険で直すには翌年からの保険料などに注意しましょう!

 

 

 

【自動車保険のおすすめプラン】保険料が安いだけは不安!損しない選び方は?記事一覧

1.事故に遭った場合の対処の方法1-1.交通事故から保険金のお支払いまでの流れ例えば車で遠くに出かけたとします。しかもあまり行かないような場所にまで足を運び、それからそこで思いっきりいろいろと楽しもうと企画したとします。けれども急な事故に遭ってしまう。こんな風になってしまったらみなさんはどうするのでしょうか。きっと焦ってしまってどのような対処をしていいのかわからないことが実際には多いと思います。実...

1.ネットの通販型と代理店型の違い1-1.ネット通販のダイレクト型の自動車保険とはネットや通販などで契約する自動車保険をダイレクト型と言います。ネット通販のダイレクト型の自動車保険の特徴と言えば、保険代理店に比べて保険料が安く済み、対面で契約をするわけではないので時間がない忙しい方でもネットで気軽に契約をすることができるメリットがあります。その一方で、相談しながら自動車保険の内容を決めることができ...

1.保険料節約の5つのポイント自動車保険料の節約の前に補償内容に不足が無いかを確認しておきましょう。補償が不足していては、もし事故を起こしてしまった際に取り返しのつかない状況になるかも知れません。対人・対物は必ず保険金額を無制限にし、搭乗者傷害保険がいくらか確認しましょう。また、人身傷害補償保険に加入しているのかも確認しておきます。これらをしっかりと確認しておいて初めて保険の節約の話になってきます...

1.自動車の保険等級と割引率の基礎知識1-1.自動車保険は年々安くなります自動車保険は年齢が高くなると、保険料がかなり安くなります。他人と比較してそう感じている人もいるでしょう。しかし、これは年齢によるものだけではなく、自動車保険の等級と割引率というものも大きな影響を与えていますから、この「自動車保険の等級と割引率」ということにしぼって少しお話をさせていただきたいと思います。実は事故を起こさずに1...

1.免許証の色で保険料がかわる?1-1.ゴールド免許で保険料は安くなる運転免許には運転の経歴や違反などの有無によって免許証の色が変わってきます。免許を取り立ての時は緑色の免許証、3年間たつと青色の免許証に、その後5年間無事故、無違反ならゴールド免許証になると言った具合です。ゴールド免許は優良運手者の証しでもあるというわけですから運転をしている人にとってはひとつの勲章みたいなものとなりますので誰もが...