事故車買取

車下取り

事故車でも買取してもらえる?査定額を高くする方法はあるの?

 

事故車買取に関して詳しく説明している画像

 

1.事故車の買取はしてもらえる?廃車しかないの?

 

『売ろうと思ってたのに事故っちゃったよ』
『事故ったら高く売れないのかな?』
『査定額高くする方法あるのかな?』

 

このページを見られている方は、車で事故に遭ってしまった方かもしれません。

 

「お体は大丈夫ですか?」

 

車が事故で傷がついてしまって気になることと言えば、高い査定額で買取してもらえるのかどうかだと思います。しかし、今まで大切に乗ってきた車を二束三文で売りたくはないと思います。そこで、事故車を売る時に大切なポイントや高い査定額を出すためのポイントをご紹介していきます。

 

 

1-1.ほとんどの会社で事故車の買取はできる

 

 

多くの中古車買取業者では事故車でも買取はできます。

 

『修理すれば自走できる車』『修理ができないほど激しく損傷した車』など、事故で車がかなり傷ついてしまったとしても、日本の車というのは安全への信頼性が高いので色々な形で販売・輸出などできるため事故車でも買取したい業者はかなり多いです。

 

修理すれば乗れるようになる事故車であれば、修理をした後に普通の中古車と同じく売りに出すことができます。また、損傷が激しい事故車であっても、パーツや鉄材を取り分けて利益を上げることができます。

 

そのため、例え走れない状態の事故車であっても買取をしてくれます!

 

 

 

1-2.事故でぶつけた傷も修理しない方が良い場合も

 

 

事故でぶつけた傷も修理しない方が良い場合もに関する画像

 

 

実は事故車であっても修理に出さない方が査定額が高くなります。

 

ちょっと意味が分からないと思いますので説明していきます。

 

事故車より修理した車の方が間違いなく査定額が上がるのですが、
『修理費用>査定額UP』となることが実際には多いのです。

 

そのため、修理してしまうとその分だけ少し損をしてしまう可能性があります。

 

中古車業者は自社に工場を持っている場合がほとんどか提携の工場があるので、
私たちが修理するよりもかなり安い金額で修理をすることが可能です。

 

それが、『修理費用<査定額UP』にならない大きな原因です。

 

そのため、事故車を売る場合にそのまま買取に出すのがポイントです!

 

 

 

1-3.事故車の買取では複数の業者から査定をすることが大切

 

 

事故車の買取では複数の業者から査定をすることが大切に関する画像

 

 

事故車を高く売るためには複数の業者で査定をすることが大切です。

 

事故車の場合には事故の程度などがさまざまなので買取相場というものがないため、査定金額が業者によって大きく違うことがあります。そのため、事故車を買取に出すときには複数の買取業者で査定をすることが少しでも高く売るためにはとても大切なポイントです。

 

これは事故にあっていない普通の自動車でも同じです。相場がないので、実際に複数の査定額を比較して売ることで、初めて高く買取ってもらうことができます。『実際に業者によって10万円も査定額が違う』ということは良くあります。

 

事故車は複数の買取業者で査定をすることが高く売るポイントです!

 

 

 

1-4.複数の査定なら一括査定が手軽で簡単

 

 

複数の査定なら一括査定が手軽で簡単に関して詳しく説明している画像

 

 

複数の査定なら一括査定が手軽で簡単なのでおすすめです。

 

自走できる場合なら良いのですが自走できない場合には持っていくのも大変です。しかし、一括査定ならいくつもの大きなメリットがあります。

 

@ 完全無料で利用することができる
A 自宅に査定をしに来てくれる
B 複数の買取業者で競争して査定額がUP
C 契約すれば持って行ってくれる

 

事故車でも査定に来て買取をして持って帰ってくれるので、自分で動かす手間がかかりません。さらに、複数の買取業者で競争して査定額がUPしていくので交渉の必要がないのもおすすめできるポイントです。

 

 

 

2.事故車買取Q&A

 

事故車買取Q&Aに関して詳しく説明している画像

 

2-1.水没・火災車両での買い取れるの?

 

 

事故車買取の専門業者なら水没・火災車両でも買取をすることができます。

 

車の買取というのは走れなければいけないわけではありません。海外では色々なパーツを組み合わせて自動車の整備をしている国があります。そのような国に使えるパーツを販売することで事故車買取業者は成り立っているんです。

 

また、自動車は使える鉄クズニーズがあります。そのため、パーツとしても使えない大破したような自動車であっても鉄くずとして売ることができるのでどんな状態の自動車でも査定買取ができるんです。

 

廃車にするのではなくまずは一括査定で見積もりをしてもらってください!

 

 

 

2-2.接合車は売ることはできるの?

 

 

接合車は売ることはできるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

接合車であっても車のパーツ・鉄くずとして売ることができます・

 

今ではほとんど接合車は見かけませんが、事故により前半分が大破してしまった車に同車種の前半分だけを別の車から切断して持ってきて接合して普通の1台の車として復元させた接合車は少数ですがあります。

 

見た目には特に問題はないように見えますが買取業者は簡単に見破ります。そのため、接合車は高く売ることはできませんがパーツや鉄くずとして数万円で売ることはできると思います。

 

万が一、接合車に乗っていても売ることはできるので安心してください!

 

 

 

2-3.廃車は手間とお金がかかるのでおすすめできない

 

 

廃車は手間とお金がかかるのでおすすめできないに関して詳しく説明している画像

 

 

廃車は手間と無駄なお金がかかるのでおすすめできません。

 

事故車や年式があまりに古い車は廃車しかないと考えている方も意外と多いようです。しかし、廃車には『リサイクル費用、解体費用、登録抹消費用』で車によっては10万円近くの費用がかかってしまうケースがあり絶対におすすめできません。

 

一方で、事故車や古い車の買取の場合には、手続きも買取業者がほとんどやってくれますし、車が動かなくてもパーツや鉄くずとして売ることができるのでどんなに安くても数万円は手に入ります。

 

そのため、廃車で損をするより一度査定に出してみるのを激しくおすすめします!

 

 

 

3.保険でいつまで「事故あり」扱いになるの?

 

保険でいつまで「事故あり」扱いになるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.事故あり係数によって大きく変わる扱い

 

 

事故を起こした場合、いつまで事故あり扱いになるのか気になりますよね。

 

これは、事故あり係数適用期間によって異なります。
平成24年10月の法改正によって事故あり扱いになる期間が大きく変わりました。

 

「事故有りの継続期間」の改定で保険料がアップするのです!

 

 

 

3-2.事故あり係数適用期間とは?

 

 

自動車保険の等級にも関係してくるので皆さん、ぜひ知っておきましょう。まず、みなさんは「事故あり係数適用期間」という言葉をご存知でしょうか?これは『「事故あり」の割引・割増率を適用する期間のこと』を指します!

 

例えば、3等級ダウン事故の場合なら翌年度の契約から3年間は「事故あり」の等級が続きます。1等級ダウン事故の場合は翌年度の契約から1年間、「事故あり」の等級が続きます。

 

事故あり係数適用期間は上限なく加算されるのではなく、上限は6年となっています。

 

そして、『保険会社を変えても、等級と同じく、事故あり係数適用期間も引き継がれます。』「事故有りの継続期間」の改定で保険料がアップしますが、事故を起こさなければアップしませんので、まずは事故を起こさないように気を付けることが第一ですね。

 

 

 

<車買取お役立ちページ>

 

 

車下取りに関する画像

 車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

車を売るときに下取りを行う人って意外と多いです。しかし、車の下取りで売ると損する可能性も実は高いんです。そこで、車を少しでも高く売る方法をご紹介しています。