【ローン中でも車買取できる?】残債の車を売るための方法

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

ローン残債でも車の買取はできるの?

 

【ローン中でも車買取できる?】残債の車を売るための方法に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.【車の所有権が自分】ローン残債の買取

 

【車の所有権が自分】ローン残債の買取に関して詳しく説明している画像

 

 

ローン残債でも車を売ることはできるので安心してください。

 

ローンが残っている車は、買取できないと思いがちですが、売ることはできます。基本的に、車の所有者が自分の名義になっている場合、ローンが残っていても売ることはできます。

 

『車の購入』と『購入のためのローン』は別々の契約になります。そのため、車を売ってもローンの支払いは今後も続きますが、面倒な手続きは必要ありません。

 

車の所有者が自分の場合には面倒な手続きなく買取できます!

 

 

 

2.【車の所有権が自分以外】ローン残債の買取

 

【車の所有権が自分以外】ローン残債の買取に関して詳しく説明している画像

 

2-1.まずは、ローン残債の完済が必要

 

 

まず、残債分の現金を用意してローンを完済する必要があります。

 

ローンが残っていると車の所有権がディーラーや信販会社になっていて、自由に車を売ることはできません。しかし、ローンの残りを完済すれば自分名義の車になるので自由に売却できるようになります。

 

ただ、ローンの残りは一括で支払うことが必要で、一括払いは難しい人も多いと思います。ですが、銀行で融資(※)を受けるか、車残債ローンなどを利用してローンを完済させることもできます。

 

※ これをマイカーローンと言います。マイカーローンの詳細は『3-2』で説明します。

 

まずは信販会社などのローンを完済させて所有権を移すことがポイントです!

 

 

 

2-2.買取業者にお願いして所有権を移転

 

 

買取業者にお願いして所有権を移転に関して詳しく説明している画像

 

 

また、 買取業者にお願いしてローンを完済させる方法もあります。

 

 

『買取価格がローン残債より高い』or『買取価格がローン残債より安い』の2つのパターンがあるので解説していきます。

 

<買取価格がローン残債より高い>

 

買取価格が残りのローン残債より多ければローンを完済して、差し引いた金額はもらうことができます。

 

(計算式)
・ローン総額:300万円
・既に返済した額:200万円
・買取額:120万円

 

300万円−(200万円+120万円)=-20万円

 

買取額の120万円のうち100万円はローンへの返済に使い、20万円は現金としてももらうことができます。

 

 

 

<買取価格がローン残債より安い>

 

買取額でローンを支払い、残りのローンは、現金で用意するか新たなローンを組んで返済します。

 

(計算式)
・ローン総額:300万円
・既に返済した額:200万円
・買取額:50万円

 

300万円−(200万円+50万円)=50万円

 

この50万円分を現金で車買取業者に支払いを行うか、新しいローンを組んで50万円を車買取業者に支払いを行います。

 

それによって、車買取業者の協力をもらって車の所有権をディーラーや信販会社から購入者のもとに移転をすることが可能になります。

 

 

 

2-3.所有権の移転手続きは買取会社にお願いする

 

 

所有権の移転手続きは買取会社にお願いするに関して詳しく説明している画像

 

 

買取会社では手続代行サービスを行っています。

 

所有権を移転する手続きは初めての方はすごく面倒です。しかし、買取会社の中には手続代行サービスをしているので、面倒な手続きを自分で行う必要はありません。

 

また、手続き代行サービスには5,000円〜15,000円の代行料サービス料がかかってしまうことが多かったのですが、買取で無料という会社も多いので事前に確認しておくのがおすすめです。

 

手続きが面倒な人は代行サービスのある買取会社に車を売るのがおすすめです!

 

 

 

3.車の購入をするときにローンの組み方の注意点

 

車の購入をするときにローンの組み方の注意点に関して詳しく説明している画像

 

3-1.ディーラーや信販会社は避けた方が良い

 

 

車の購入でディーラーや信販会社のローンは避けた方が良いでしょう。

 

車の購入でディーラーや信販会社のローンを利用してしまうと担保として車が設定されます。所有権がローンを組んだディーラーや信販会社になるので、手続きが面倒で金利も高いのでおすすめできません。

 

車を売って新しい車を購入しようと思った時に所有権の移転をしなければいけないので、通常の買取とは違って手間がかかるのでディーラーなどでローンを組むのは面倒なんです。

 

そのため、車の買い替えのスピードが速い人は注意が必要です!

 

 

 

3-2.銀行等のマイカーローンがおすすめ

 

 

銀行等のマイカーローンがおすすめに関して詳しく説明している画像

 

 

車のローンを組むなら銀行等のマイカーローンがおすすめです。

 

銀行や信用金庫のマイカーローンでは審査を受ける必要はありますが、ディーラーや信販会社のように車を担保に取られません。その個人の信用状態で判断してマイカーローンの融資を行ってくれるので所有権は購入者にあります。

 

ローンの返済までに10年などの長い期間をかけて返済を予定している場合にはディーラーや信販会社では面倒なことが多いので、金利も安く済むマイカーローンをうまく利用するのがおすすめです。

 

車売却で所有権の移転が必要がないのもマイカーローンの大きなメリットです!

 

 

 

<車買取お役立ちページ>

 

 

車下取りに関して詳しく説明している画像

 車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

車を売るときに下取りを行う人って意外と多いです。しかし、車の下取りで売ると損する可能性も実は高いんです。そこで、車を少しでも高く売る方法をご紹介しています。