【新古車とは?】未使用車との違いは?メリット&デメリットは?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

新古車とは?意味は?メリット&デメリットを大公開

 

【新古車とは?】未使用車との違いは?メリット&デメリットは?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

1.新古車と未使用車の違いは?

 

新古車と未使用車の違いは?に関して詳しく説明している画像

 

1-1.新古車とはどのような意味?

 

 

新古車とは簡単に言うと『未使用車』と同じ意味で使われています。

 

中古車でも新車でもないのが新古車&未使用車で、

 

@ ナンバー登録がされただけ
A 誰も車の使用をしていない

 

新古車というのは、カーディーラーなどで試乗している車と違って実際に誰かが車を運転しているわけではないので、新車同様に非常に綺麗という特徴があります。最近では、新古車という名前ではなく未使用車という名前が一般的です。

 

新古車とはナンバー登録&使用されていない未使用車のことです!

 

 

 

1-2.新古車&未使用車が出回る理由は?

 

 

新古車&未使用車が出回る理由は?に関して詳しく説明している画像

 

 

新古車はディーラーがノルマ達成のために登録された車が多いです。

 

一般的には、新車の販売店がノルマを達成するため、自社で新車をナンバー登録して、誰も使用してない車を中古車として車両販売業者に卸すのが新古車&未使用車になります。

 

ディーラーはその月の目標の販売数が決まっています。そのノルマを達成しない場合に本社から指導が入るので、目標ノルマを達成するために新車登録をして目標達成する傾向があるため新古車が生まれ安いです。

 

新古車はノルマ達成の必要性から生まれやすい車なんです!

 

 

 

1-3.新古車&未使用車と中古車の違いは?

 

 

新古車&未使用車と中古車の違いは?に関して詳しく説明している画像

 

 

車が販売され使用された段階で中古車になります。

 

@ メーカーで生産され
A ナンバー登録されたもので
B 購入もしくはレンタルで利用された

 

既に再購入されたものも中古車で、販売店が試乗車などの名目で、ナンバー登録されたもののまったく使用していない車輌も中古車に含まれます。

 

ナンバー登録されたもののまったく使用していない車輌は中古車なのですが、市場では新古車として完全なる中古車とは違う扱いがされています。

 

使用されているかどうかで『新古車』or『中古車』の意味は変わります!

 

 

 

2.新古車&未使用車の3つのメリット

 

新古車&未使用車の3つのメリットに関して詳しく説明している画像

 

2-1.新古車はコストパフォーマンスが非常に高い車

 

 

新古車は購入者側からすると非常にコストパフォーマンスが高い車です。

 

新古車は、名目上は中古車に該当しますが、未使用車なのでディーラーが中古車と分けて販売しています。新車とほとんど変わらないのに、新車よりもはるかに安い値段で購入することができます。

 

そのため、未使用車は試乗などもされておらず車の移動の時に利用された程度なので、新車よりかなり値引きされており、新古車は非常にコストパフォーマンスが高い車といえます。

 

新車と変わりない状態でかなり値引きされるのでお得です!

 

 

 

2-2.納車が早いというメリットも

 

 

納車が早いというメリットもに関して詳しく説明している画像

 

 

新古車は納期が早いという大きなメリットがあります。

 

新古車は未使用車なのですでにナンバープレートが付けられて完成された状態です。そのため、車を購入すればディーラー側で点検などの最終チェックが行われて納車の流れなので非常に速いです。

 

最近はレクサスなど人気の車種だと注文から納車まで数ヶ月待つなんてけっこうあります。その点、未使用車であればすぐに手元に来て乗れるというのは嬉しいメリットです。

 

新車で人気の車でも未使用車ならすぐに納車が可能です!

 

 

 

2-3.重量税などの税金がかからない

 

 

重量税などの税金がかからないに関して詳しく説明している画像

 

 

新古車は税金などの初期費用が安くなるメリットもあります。

 

新古車&未使用車で免除になる税金は、

 

@ 自動車重量税の支払い
A 購入年度の自動車税

 

2つの税金が免除されるだけでも数万円〜10万円位の節約になります。新車にこだわりがなければ、未使用車というだけで最初から10万円位の値引きで購入することができます。

 

税金免除の優遇があるので最初から値引きされているようなものです!

 

 

 

3.新古車&未使用車の2つのデメリット

 

に関して詳しく説明している画像

 

3-1.在庫車の中からしか選べない

 

 

新古車の最大のデメリットは在庫の中からしか選べないことです。

 

新古車はすでに完成した未使用車なので、市場に出ている中でしか選ぶことはできなく、さらに付けたいと思っているオプションの追加もできないので注意が必要です。

 

また、カラーなども在庫がある分だけになってしまうので、希望の条件がある場合には、その条件に合った車が出てくるまで待たなければいけないというデメリットがあります。

 

購入条件を厳しくすると希望の車は見つかりにくいかもしれません!

 

 

 

3-2.車検の期間が短くなっている

 

 

車検の期間が短くなっているに関して詳しく説明している画像

 

 

車検の期間が短くなっているのも新古車のデメリットです。

 

新車を購入した場合、次の車検までの期間は3年ですが、新古車&未使用車はナンバー登録から数ヶ月以上は経っているので、その分車検までの期間が短くなっています。

 

車検の費用が平均すると10万円前後なので、未使用車にも関わらず登録から1年以上経過している場合には、購入の時に値引きの交渉をするのがおすすめです。

 

新車より車検までの期間が短いので購入前に要確認です!

 

 

 

4.新古車&未使用車Q&A

 

 

4-1.新古車はいくら位値引きが期待できる?

 

 

新古車の値引きはあまり期待はできないと思います。

 

新古車はすでに新車と比べると車両価格が10%〜30%位安くなっています。そのため、新古車の販売自体の利益がかなり小さいので、そこからの値引きはできて数万円程度じゃないかなと思います。

 

もし、値引きをほとんどしてもらえなかったら、追加で付けられるものがないかを交渉するのはありです。在庫を売りたいために洗車道具、スタッドレスタイヤなどサービスで付く可能性もあります。

 

値引きは難しいですがオプションは可能性があるので交渉しましょう!

 

 

 

4-2.新古車&未使用車はどこで買ったら良い?

 

 

新古車&未使用車はどこで買ったら良い?に関して詳しく説明している画像

 

 

ディーラーで探すよりネットで検索するのが一番楽で確実です。

 

新古車&未使用車はディーラー、系列の中古車屋に販売してますが在庫があるとは限りません。そのため、『○○(希望車種)+新古車』でネットで検索してみるのをおすすめします。

 

人気ですぐに売れてしまうような車種であっても全国で検索をかければ条件に近い車は確実にあります。ネットで検索して販売店に連絡をするのが一番手間のかからない方法です。

 

ネットなら希望の新古車が見つかりやすいので試してみてください!

 

 

 

4-3.中古車の購入前に注意したいポイントは?

 

 

中古車の購入前に注意したいポイントは?に関して詳しく説明している画像

 

 

保証内容をしっかりと確認しましょう。

 

中古車の購入や中古車選びで一番心配なのは事故歴や修復歴ではないでしょうか?また、事故歴などがなくても車をいうのはいつ故障するかがわかりません。

 

そのため、保障制度のある中古車販売店などで中古車を買うのがおすすめです。

 

【 ガリバーの『あんしん保証』】

 

中古車販売の大手であるガリバーではエンジン、ミッション、ブレーキなどが故障してしまった場合には走行距離に関係なく修理してくれる『あんしん保障』を行っています。

 

あんしん保証は有料のオプションとなっているのでお金がかかってしまいますが、エンジンなどは修理をすると高額になるケースの多い部分なので、このような保証があると安心です。

 

 

【 カーセンサーの『カーセンサーアフター保証』】

 

中古車情報誌であるカーセンサーでは部品の破損などが起きた場合には『カーセンサーアフター保証』を行っています。

 

このカーセンサーアフター保証では業界トップクラスの237部品を保証料はかかってしまいますが、整備工場などよりもお得に修理や部品交換ができます。

 

 

 

<車買取お役立ちページ>

 

 

車下取りに関して詳しく説明している画像

 車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

車を売るときに下取りを行う人って意外と多いです。しかし、車の下取りで売ると損する可能性も実は高いんです。そこで、車を少しでも高く売る方法をご紹介しています。