【え?買取額が59万円も違う?】ダイハツウェイクの査定額を高くする方法は?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

ダイハツウェイクを損せずに高く売る方法は?

 

1-1.ウェイクの最近の買取事情

 

 

ウェイクは中古車市場でも良く売れる車なので買取価格は高めの傾向です。

 

ウェイクは2014年に販売された軽自動車なので買取の実績自体は少なく年式も走行距離も少ないので、買取金額も綺麗に使っていれば新車時の価格×70%〜80%の買取金額で売ることが可能です。

 

ウェイクはダイハツの他の軽自動車とは違う特徴を持っており、

 

・室内空間が圧倒的に広く収納も軽セダン並み
・スノボなどの大きな荷物も簡単に運ぶことができる
・今人気の車中泊もできるほど広く設計

 

など、アウトドアやスポーツの趣味に合わせて車を自分でデザインすることができる唯一の軽自動車として若い男性や趣味を満喫したい層にも人気が出ているので買取価格は高値で推移しています。

 

ウェイクは趣味がある人に年代を問わず人気があるので高額査定が期待できます!

 

 

 

1-2.ウェイクの過去2年の人気グレードの査定相場

 

 

年式

グレード

査定相場

2015年
(平成27年)

94万円〜153万円

L SA

99万円〜157万円

104万円〜161万円

X SA

107万円〜164万円

109万円〜167万円

G SA

113万円〜171万円

2014年
(平成26年)

91万円〜147万円

L SA

94万円〜149万円

98万円〜152万円

X SA

100万円〜155万円

102万円〜158万円

G SA

107万円〜162万円

 

 

 

1-3.ウェイクを高く売るためのポイント

 

 

ウェイクの買取価格には数十万円もの違いがあります。

 

ウェイクはまだ販売したばかりとあって中古車市場に出回るとすぐに売れてしまう大人気車種なので高額査定が期待できます。しかし、一方で買取会社によっては2015年のLグレードで『94万円〜153万円と59万円もの買取金額の差』があります。

 

そのため、ウェイクを高く売るためには複数の買取業者から見積もりを取ることが大切です!

 

しかし、複数の中古車販売会社に出かけるのは時間もかかるので大変です。そこで役立つのが『車の一括査定』です。一括査定では車種、年式、走行距離などを入力するだけで家にいながらでも複数の見積を取ることができるのでおすすめです。

 

 

ズバット車買取に関して詳しく説明している画像

 

ウェイクを高く売れる一括査定はこちら

https://www.zba.jp/


 

 

 

2.ダイハツウェイクを実際に売った人の口コミ

 

【 高いうちに売れて良かった 】

 

ウェイクの査定をお願いすると134万円もの値段がついたので買取をお願いしました。ウェイクもこれから台数が増えていき、限定車なども出てくる可能性があり、そうなると買取金額も下がってしまうので、高いうちに売れて良かったです。

 

【 見積はたくさん集めないとダメ 】

 

ウェイクを買取査定にもっていったら近所の中古車販売店では110万円でしたが、ネットで調べたら150万円以上の買取実績があるのを見てびっくりしました。やはり車の買取は見積をいろんなところから集めないとダメですね。

 

【 高く売れたので車の購入資金に充てた 】

 

自分が乗っていたウェイクは買って3ヶ月で走行距離も2,000kmだったのでほとんど新古車並みの状態でした。そこでネットの一括査定を利用すると167万円もの買取金額が出たので迷うことなく売って次の車の購入資金に充てました。

 

【 買取金額には妥協しない方がいい 】

 

買取査定をお願いした業者に最初は130万と言われてのですが、絶対もっと値がつくと思って、『その金額ならよそに売る』と言ってみたところ、最終的には150万円で売れました。ウェイクは新車種なので絶対需要がありますから、買取査定に妥協しない方がいいですよ。

 

【 一括査定をしていなかったら40万円も損してたかも 】

 

ネットでウェイクの一括査定をして、買取金額が一番高い高い業者さんに自宅まで査定に来てもらったのですが、普段なら絶対に行かない遠方の業者さんでした。一括査定を使わなければ近所の安いところに売っておそらく30万円〜40万円も損をしていたので、一括査定をしておいて良かったと思います。

 

 

ウェイクを高く売れる一括査定はこちら

https://www.zba.jp/


 

 

 

3.ダイハツウェイクが人気の4つの理由

 

3-1.ウェイクは遊びを意識して作られている

 

 

ウェイクは遊びを中心に考えられた遊び心満載の車です。

 

ウェイクは室内の空間がとても広くダイハツの軽自動車の中でも広いタントを超える広さを持っており、サーフィン、スノーボード、サイクリングなど大きな荷物を入れるスペースが十分にあって運べるというのが大きな魅力です。

 

しかも、色々なスポーツに分けてディーラーでのオプションもあり後ろの座席を倒せば自転車1台乗せることもできるので、自分の趣味に合わせて車を収納しやすくデザインできるというのは趣味で車を良く使う人にとってはうれしいオプション装備です。

 

自分の趣味に合わせたデザイン作りができるのもウェイクの大きな特徴です!

 

 

 

3-2.圧倒的な室内空間を実現

 

 

ウェイクは圧倒的な室内空間で室内でゆったりとくつろげます。

 

ウェイクは自転車、スノーボードなどの遊び道具を収納することを可能にしている分圧倒的な室内空間を実現しており、後部座席と前座席の間がダイハツの軽自動車で一番広くとられているので軽自動車とは思えないほどゆったりと座ることができます。

 

また、ウェイクの全高が1835mmで全高で高いといわれてきたタントが1800mmなのでタントよりも35mm上回っているので車内が高く広く感じベビーカーなど高さがあって入れるのが難しかったものも無理なく入れることができるようになったのは家族世代にはうれしいポイントです。

 

ウェイクは広々空間でゆったりと車内で過ごすことができます!

 

 

 

3-3.運転席が高くなり運転のしやすがUP

 

 

運転席が高くなり見晴らしが良く運転のしやすがUPしています。

 

軽自動車の欠点として車の車高とともに運転席も低くなっており遠くを見渡すのが難しかったのですが、ウェイクはミニバンレベルの運転席の高さがあるので遠くまで見通せることで運転のしやすが抜群にUPしています。

 

また、運転席の高さも調整することができるので、身長が低い人でもぴったりのサイズに調整をすることができます。試乗をするときにうまく確かめてみるといいですね。

 

軽自動車で最も運転席が高いので運転のしやすさNO1です!

 

 

 

3-4.幅広い世代・家庭に人気に

 

 

ウェイクの最大の特徴は幅広い世代・家庭に人気ということです。

 

ウェイクはその室内空間の広さから、

 

・ベビーカーも積めるので家族世代にも
・スノーボードなどが趣味が多い人にも
・車内のデザインをして自分らしい車にしたい人にも

 

など、ウェイクは幅広い世代が利用できるような工夫が多いので、若い世代だけはなく40代、50代といった方々の購入も非常に多いのがウェイクの最大の特徴です。

 

ウェイクは幅広い世代から注目されている軽自動車なんです!