ネットの通販型と代理店型の違いやメリットデメリット

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

ネットの通販型と代理店型の違いやメリットデメリット

 

ネットの通販型と代理店型の違いやメリットデメリットに関して詳しく説明している画像

 

1.ネットの通販型と代理店型の違い

 

1-1.ネット通販のダイレクト型の自動車保険とは

 

 

ネットや通販などで契約する自動車保険をダイレクト型と言います。

 

ネット通販のダイレクト型の自動車保険の特徴と言えば、保険代理店に比べて保険料が安く済み、対面で契約をするわけではないので時間がない忙しい方でもネットで気軽に契約をすることができるメリットがあります。

 

その一方で、相談しながら自動車保険の内容を決めることができないので、ある程度自動車保険の知識がないと保険が選べず、事故が起きたときにはある程度自分で対応ができないといけないというデメリットがあります。

 

自動車保険についてある程度知識がある方にはおすすめです!

 

 

 

1-2.代理店型の自動車保険とは

 

 

対面で相談して保険を決めることを代理店型の自動車保険と言います。

 

代理店型の自動車保険では自分に合った補償内容などのプランを提示してくれたり、代理店が保険金の請求などを行ってくれたり相談しながらできるという大きなメリットがあります。

 

その一方で、対面して契約を決める必要があるので忙しい方はなかなか日程が合わないこともあるでしょうし、代理店手数料が含まれるので自動車保険料はダイレクト型に比べて高くなるというデメリットがあります。

 

そのため、自動車保険がわからないサポートが欲しいという方におすすめです!

 

 

 

1-3.ネットの通販型と代理店型の違い

 

 

 

ダイレクト型

代理店型

メリット

・保険料が安い
・24時間申し込みができる
・ネットでの割引あり

・必要な保障を提案してもらえる
・事故後の対処など相談できる
・保険がわからなくても利用しやすい

デメリット

・対面で相談ができない
・どの保障が必要かわからない
・保険の知識がある程度必要

・保険料が高い
・忙しいと対応ができない

 

 

 

1-4.ネット通販型だと保険金の支払いが遅くなる?

 

 

保険金の支払いがスムーズに行われるかどうかも大切です。

 

ネット通販のダイレクト型自動車保険では事故の連絡などを自分で行わなくてはならないことから、『保険金の支払いがスムーズに行われるかどうか』を心配している人も多いかと思います。もちろん、ネット通販型だからと言って保険金の支払いが遅れたり渋られるなどと言うことはないので安心してください。

 

また、ネット通販型だからと言って代理店型よりも過失割合の面で不利になることはありません。過失割合はあくまでも道路交通法の規定や過去の事故例などから公平に決められ、それに応じて保険金の支払いや修理などが行われます。

 

ネット通販型だからと言って保険金の支払いを渋られるなどはありません!

 

 

 

2.ネットの通販型と代理店型の自動車保険の選び方

 

ネットの通販型と代理店型の自動車保険の選び方に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.自動車保険を決める基準

 

 

自動車保険会社は、事故時の対応で会社は変わるので、できるだけ速やかに対応できる体制が整えられている会社を選ぶ必要があります。

 

事故を手際よく処理してくれる会社が事故時の対応が良い会社と言えます!

 

事故を起こした時というのは何かと不安ですが、対応が丁寧で早く、相手との交渉も親切丁寧に進めてくれる会社を選べば安心できます。事故後の対応が丁寧で、連絡頻度や内容も適切な会社なら、最後まで安心して任せられます。

 

事故時の会社の対応が良いところは、対応が迅速丁寧で説明が分かりやすいものです。常にお客さん目線に立った対応をしてくれ、担当者からの経過報告や連絡もきっちりしています。

 

一番良いのは、

 

保険料が安くて
代理店系の保険会社と変わらない

 

そのくらい事故対応をしっかりしてくれる会社です。

 

そうしたところは、契約者の意思を尊重して行動してくれ、
過失割合についても希望をよく聞いてくれるものです。

 

事故の際の対応が非常に良い会社は、過失割合も意に沿った方向で交渉を進めてくれます。

 

 

 

2-2.ネット通販のダイレクト型の自動車保険が向いている人

 

 

ダイレクト型が向いている人はある程度保険の知識がある人です。

 

ダイレクト型は保険の種類から保障の内容まである程度プランがあるとはいえ、保障内容などのほとんどを自分で選ぶことになるのである程度の保険の知識がないと選べませんし保障が不足する可能性があります。

 

以前の保険の勉強を多少勉強をしたことがある方などは代理店型でなくても良い場合が多く、ネットで申し込めるダイレクト型は値段も安く抑えることもできるのでおすすめです。

 

そのため、保険の知識を持っている方はダイレクト型を選ぶのが良いでしょう!

 

 

 

2-3.代理店型の自動車保険が向いている人

 

 

代理店型が向いている人は初心者や知識がない人です。

 

代理店型では対面して自分の向いているプランなどをしっかりと提案をしてくれるので、自動車保険が初めての方や知識がほとんどなくどんな保証を入れたらいいのかわからなく不安な方にすごくおすすめです。

 

代理店型の場合には保険料は高くなってしまうのですが、保険の知識がないのに値段が安いからとダイレクト型を申込んで補償内容に不足が合ったなんてことになったら本末転倒です。

 

そのため、保険の知識がほとんどなく不安という方は代理店型を選ぶべきです!

 

 

ネットの通販型と代理店型の違いやメリットデメリット関連ページ

交通事故から保険金のお支払いまでの流れ
保険金の支払いまでの流れはどのような状況になっているのでしょうか?保険に加入して事故を起こしてしまってから保険請求までの流れとは?
自動車保険料の節約ポイント
自動車の保険会社を切り替える時の注意点
免許証の種類や走行距離などによって自動車保険料は変わります