交通事故から保険金のお支払いまでの流れ

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

交通事故から保険金のお支払いまでの流れ

 

交通事故から保険金のお支払いまでの流れに関して詳しく説明している画像

 

1.事故に遭った場合の対処の方法

 

1-1.交通事故から保険金のお支払いまでの流れ

 

 

例えば車で遠くに出かけたとします。しかもあまり行かないような場所にまで足を運び、それからそこで思いっきりいろいろと楽しもうと企画したとします。けれども急な事故に遭ってしまう。

 

こんな風になってしまったらみなさんはどうするのでしょうか。きっと焦ってしまってどのような対処をしていいのかわからないことが実際には多いと思います。

 

実際の交通事故から保険金のお支払いまでの流れは、

 

@

不注意などで交通事故を起こしてしまう

A

負傷者がいるのかどうかの確認・救護

B

事故を起こした車両を安全な場所へ移動

C

事故を警察への連絡、実況見分

D

保険会社へ事故の連絡

E

後日の連絡手段として当事者同士の連絡先の交換

F

警察によって事故証明書の発行

G

保険会社と相談を行い示談を行う

H

示談でまとまらなかった場合に調停や裁判

I

損害金額が決まって保険金の支払い

 

基本的に交通事故から保険金のお支払いまでの流れはこのような流れになっており、自分が加害者であろうが被害者であろうが基本的にこの流れは変わらないので交通事故にあってしまった場合にはこの流れで進んでいきます。

 

 

 

1-2.交通事故があった場合の対応

 

 

交通事故が起こってしまった時の対応はとても重要です。

 

交通事故で負傷者がいた場合には負傷者の救護が最優先で、すぐに救急車を呼ぶことが重要です。その後、警察への連絡、道路や人の整理が終わったら、早急に保険会社に電話をしましょう。そうすれば後は保険会社がサポートをしてくれますので安心です。

 

ちなみに全国ネットワークサービスを展開している保険に加入している場合は、事故を起こした現場からもっとも近くにある自動車整備工場などからネットワークサービスに加入している人が助けに来ますので、時間はあまり要しません。

 

これはとっても便利なサービスですよね。中には帰宅までに使用したお金を限度額無しでサポートしてくれるサービスなどもありますので帰り道のお金の心配がなくなります。

 

人命救助が終わった後には保険会社にすぐに連絡をしましょう!

 

 

 

1-3.保険金はすぐに支払われるわけではない

 

 

保険金はすぐに支払われるわけではありません。

 

交通事故にあって相手側に非があった場合には相手側の保険会社との対応になります。交通事故によってケガをしたり車両が破損したりなどの被害があった場合には保険金の支払いが発生します。ではすぐに保険金が支払われるのかと言えば少し違うんです。

 

支払いを受けるためには保険金請求の手続きを行わなければなりません!

 

@

保険請求に必要な書類等を取り寄せます

A

書類等を保険会社に郵送等で送り返答をまちます

B

保険会社は保険金請求書類の審査を行います

C

病院等の関係機関に連絡が必要な場合には連絡を行ったりもします

D

保険金の支払額が決まります

E

指定した口座に保険金が振り込まれる

 

という流れとなります。

 

加入されている保険会社によって違ってくるかもしれませんが、だいたいはこういった流れでの保険金の支払いとなるかと思います。保険の支払いまでの期間は一概に言えないのですが全ての治療などが終わり費用が確定した段階で支払いを受けるので1年近くかかるケースもあります。

 

 

 

1-4.裁判や調停になったときには弁護士の助けが必要

 

 

示談交渉がまとまらなかった場合には裁判になることもあります。

 

『相手側が過失割合に納得していない』などで示談がまとまらない場合には裁判や調停を行うこともあります。そうしたときには弁護士の力が必要になるのですが、弁護費用がいくらかかるのか不安に思ってしまう人も多いでしょう。

 

しかし、自動車保険の『弁護士費用特約』をつけていれば、弁護費用を保険会社が支払ってくれるのでお金の心配はいりません。また、相手に『弁護士を雇ったので裁判してもかまわない』などと言うと、すんなり示談に応じてくれる人も意外と多いんです。

 

示談がこじれることも想定して弁護士費用特約をつけておくと安心です!