【一時停止】何秒止まったらいいの?定義や違反した場合の罰金は?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

一旦停止は3秒止まらなきゃ違反って本当なの?

 

一旦停止は3秒止まらなきゃ違反って本当なの?に関して詳しく説明している画像

 

1.一時停止の定義や反則金

 

みなさんも左右の見通しの悪い交差点で「止まれ」と書いてある標識(看板)を見たことがあると思いますが、きちんと止まっている人はどれくらいいるのでしょうか?

 

もちろん、一時停止の標識がある場所では止まらないと違反になるのは当たり前なのですが、

 

『何秒止まったらいいの?』
『一時不停止の違反点数は?』
『反則金はいくら払うの?』

 

など、一時停止にはわからない部分も多いと思いますので、一時停止について詳しく解説していきます。

 

一時停止の定義などを理解して違反とならないようにしましょう!

 

 

 

1-1.『一時停止とは?』一時停止の定義

 

 

道路交通法の第43条を詳しく解説していきます。

 

道路交通法の第43条には交通整理が行われていない交差点で、一時停止の標識(止まれと書かれた標識)がある場合の通行方法が書かれています。

 

【 道路交通法第43条 】

 

車両等は交通整理の行われていない交差点またはその直前において、道路標識等により一時停止するべきところが指定されているときには、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。

 

 

なお、交通整理が行われていないとは、

 

・ 信号がない
・ 点滅信号である

 

このような場合を指します。

 

 

この定義をもとに考えると、一時停止で考えなければならないポイントは以下のとおりです。

 

【 一時停止は何秒? 】

 

一時停止の定義において、停止の時間についてはどこにも書かれていませんが、教習所や取り締まりにおいて、『3秒止まれ』と言われた経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

ではなぜ『3秒』と言う時間が重要視されているかと言うと、車両が完全に停止し、左右などの安全確認を行った場合に『少なくても3秒かかるから』と言うのがその理由です。

 

※ 3秒はあくまでも目安で、3秒止まっても取り締まりを受ける場合があります。

 

【 一時停止する場所 】

 

一時停止を行うときには停止する位置も重要になってきますので、車のボディが停止線にかからないよう、停止線の手前で止まるようにしましょう。

 

しかし、道路交通法の定義をよく見てみると、一時停止する場所は停止線の手前ではなく、『直前』となっています。

 

この直前とは厳密に何メートルなどとは決まっておらず、周囲の交通状況などによっても変化します。ただし、交通裁判の判例を見てみると、直前とは1メートル以内を指すことが多いようです。

 

 

 

1-2.歩行者や自転車も一時停止するの?

 

 

道路交通法に書かれた『車両等』の意味を考えましょう。

 

一時停止について、道路交通法の第43条では『車両等は...』と言う書き出しになっています。そのため、自転車は道路交通法においては『軽車両』となりますので、当然一時停止の義務があります。(必ず両足を地面につけて停車すること)

 

ただし、歩行者においては判断が難しい部分ではあります。歩行者はもちろんのこと車両ではないものの、止まれの標識がある場所と言うのは『安全確認をせずに飛び出したら事故の危険性が高い』と判断されているからこそ標識があるのです。

 

つまり、一時停止の標識があっても歩行者は停止義務はありませんが、事故に合わないためにも『自主的に止まって安全確認を行う』のが望ましいと言えます。

 

歩行者も止まれの標識があるところでは安全確認を必ず行いましょう!

 

 

 

2.違反した場合の点数と罰金

 

違反した場合の点数と罰金に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.一時不停止の違反点数と反則金

 

 

青切符を切られると違反点数が加算され反則金を支払わないといけません。

 

一時不停止で取締りを受けた場合には警察官より青切符が切られます。そのため、普通車の場合は違反点数が2点加算され、反則金として7,000円支払う必要があります。

 

ただし、違反点数に関しては次の項目のように特別措置があり、一定の期間で無事故、無違反であれば違反点数はリセットされます。そのときに注意してもらいたいのは、リセットされるのは違反点数だけなので、ゴールド免許であっても次回の免許書き換えではブルーの免許になってしまいます。

 

特別措置でリセットされるのは一時不停止の点数だけです!

 

 

 

2-2.違反点数の特別措置

 

 

一時不停止は軽微違反なので特別措置が受けられます。

 

一時不停止に限らず違反点数が1点〜3点の違反のことを軽微違反と言い、軽微違反では以下の条件によって違反点数がリセットされる特別措置を受けることができます。

 

 

【 過去2年間で無事故、無違反だった人 】

 

過去2年間で無事故、無違反であれば、違反後3ヶ月にわたって無事故、無違反であれば違反点数はリセットされます。

 

また、過去2年間と言うにはゴールド免許の人だけに限った話ではあなく、ブルー免許の人であっても適用されます。

 

【 それ以外の人 】

 

過去2年で違反や事故を起こしてしまった人でも違反後1年間にわたって無事故、無違反であれば違反点数はリセットされます。

 

そのため、免許取得歴が2年に満たない免許取りたての初心者ドライバーや、過去の違反点数が合計で5点の人でも条件さえ満たせば違反点数はリセットされます。

 

 

 

3.一時停止と優先道路の関係

 

一時停止と優先道路の関係に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.優先道路と非優先道路

 

 

一時停止の標識がある道路は非優先道路です。

 

例えば一時停止の標識がある交差点を通行する場合、交差する他の道路に止まれの標識などがなければ、いま自分が通っている道路が非優先道路となります。そのため、他の道路、つまり優先道路を走っている車両等の通行を妨げてはいけません。

 

この場合の妨げるとは何もぶつからなければいいと言う意味ではありませんし、通行する順番は早いもの順ではありません。

 

非優先道路から出た車が優先道路を走っている車の、

 

・ 進路を妨げブレーキ操作を余儀なくした
・ 急ハンドルで回避させた

 

などと言う場合には、『優先道路通行車妨害等』に当てはまる可能性があり、違反点数が2点、反則金は7,000円(普通車)となります。

 

優先道路を走っている車などの通行を妨げると違反となります!

 

 

 

3-2.交差する道路に全て一時停止の標識があったら?

 

 

交差点優先車妨害や左方優先を意識しましょう。

 

交差点を通行する際、交差する道路に全て一時停止の標識があった場合には、

 

【 向かい合って通行するとき 】

 

交差点の対面側から車が来た場合には、直進、左折、右折の順で優先順位が決まります。これは『どちら先に交差点についたか』ではありません(明らかな場合は除く)。

 

つまり、自分が先に交差点についていたとしても、自分が右折する場合には対向車の通行を妨げてはいけません。もし通行を妨げた場合には『交差点優先車妨害』と言う違反になり、違反点数1点、反則金として6,000円(普通車)を支払わないといけません。

 

【 自分の左や右から車などが来た場合 】

 

次は対向車ではなく、自分の左や右から車が来た場合です。道路交通法では信号などによって交通整理が行われていない交差点を通行するときには『左方優先』と言うルールが適用されます。

 

つまり、自分から見て左側から来た車などは優先しなければならないと言うことです。そして、この場合には左側から来る車などが左折、右折でも左方優先が適用されますので通行を妨げないようにしましょう。

 

 

※ 交差する道路に全て一時停止の標識がない場合でも左方優先が基本です。