車の下取り価格を決める基準や相場について解説

 

車の下取り価格を決める基準や相場について解説に関する画像

 

1.車の下取り価格はどうやって決まる?

 

査定基準の書かれたイエローブックという本をもとに下取り価格が決まります。

 

車の下取りするときには査定基準があり、その査定基準はJAAI(日本中古自動車査定協会)が出版しているイエローブックという本に書かれています。そして、ディーラーはそのイエローブックをもとに査定して車の下取り価格を決めることが一般的です。

 

なお、イエローブックに書かれている主な査定項目は以下のとおりで、

 

イエローブックの主な査定項目

新車時の価格

エンジン

年式

ヘコミ

足まわり

走行距離

事故歴

内装

 

 

年式が古くて走行距離が多い車だとたとえ新車時の価格が高かったとしても下取り価格が安くなることもあります。また、いくら年式が新しく走行距離の少ない車でも事故歴があったり大きな傷があると下取り価格は大きく下がります。

 

下取り価格はイエローブックをもとに年式や傷の有無などによって決まります!

 

 

 

2.車の下取り価格に相場はあるのか?

 

車の下取り価格に相場はあるのか?に関する画像

 

 

下取り価格は条件によって大きく違うこともあり相場を決めるのが難しくなっています。

 

車の下取り価格はどのディーラーでもイエローブックをもとに査定して決めるのですが、実を言うと下取り価格には相場が存在しません。なぜなら、車の下取り価格は以下の条件によって大きな違いが出るからです。

 

【@ どの新車を買うか】

 

車は新車価格が高いほど大きな利益が見込め、新車価格が安いほど利益は少なくなる傾向にあります。そのため、ディーラーは新車価格が安いほど利益を確保するために下取り価格を抑えるようにしています。

 

ですが、逆に新車価格が高いほど下取り価格を高くしてもディーラーは損をしにくくなっているので、思い切った下取り価格をつけることがあります。

 

 

 

【A メーカー違いの車かどうか】

 

ディーラーは下取りした車を販売したりオークションに流すことでも利益を上げているのですが、オークションに流すと手間がかかります。

 

そのため、自社の中古車販売店に置けないメーカー違いの車はオークションに流しても損をしないように下取り価格を安くする傾向があります。

 

ですが、自社の車ならオークションに流すことなく余計なコストがかからないので、その分だけ下取り価格を高くすることができます。

 

 

このように、同じ車を下取りに出してもどの新車を買うかやメーカー違いかどうかで下取り価格は大きく違ってきます。そのため、下取り価格には幅が広くなって相場を決めるのが難しくなります。

 

相場表にまとめても実際の下取り価格とかけ離れてしまう可能性があります!

 

 

 

3.車の下取り価格を高くするには?

 

車の下取り価格を高くするには?に関する画像

 

 

3-1.ディーラーが今一番売りたがっている車を買う

 

 

店長の決済が下りやすいなどで下取り価格が高くなることがあります。

 

どのディーラーにも販売目標があり、今一番売りたい車ほどディーラーは『下取り価格を高くしてでも売りたい』と思っています。また、ディーラーが一番売りたい車ほど店長の決済が下りやすくなっています。

 

そのため、ディーラーの営業マンから、

 

『こちらの車を買っていただけるなら下取りをもう10万円高くします』
『こちらの車は現在下取りUPキャンペーンを行っています』

 

などと言われることがあり、下取り価格を高くしてもらえることが多いんです。

 

ディーラー一押しの車なら下取り価格が高くなる傾向があります!

 

 

 

3-2.他のメーカーと競合している車を買う

 

 

他のメーカーと競合している車を買うに関する画像

 

 

他のメーカーにシェアを奪われたくないので下取り価格を高くしてもらいやすくなります。

 

最近ではSUVやミニバンの売れ行きが好調で、どのメーカーも販売に力を入れているので競争が激しくなっています。そして、他社にシェアを奪われたくないので下取り価格を高くしてでも何とか買ってもらいたいと思っているディーラーも多いんです。

 

そのため、SUVやミニバンは下取り価格が高くなりやすい傾向があります。また、シェアを大きく奪われているメーカーのディーラーほど下取り価格を高くしてくれる可能性があるので、粘り強く交渉してみるといいでしょう。

 

他のメーカーの下取り価格を引き合いに出しながら上手く交渉しましょう!

 

 

 

3-2.ディーラーの決算月などを狙う

 

 

ディーラーの決算月などを狙うに関する画像

 

 

決算月や月末、12月だと下取り価格が高くなりやすくなっています。

 

決算月や月末は販売目標やノルマを達成するためにディーラー側は『下取り価格を高くしても車を買ってもらたい』と思っています。そのため、決算月や月末は通常時よりも下取り価格が高くなりやすくなっています。

 

また、12月はあと1ヶ月で年が変わり車の年式も変わるため、新車が売れにくい月となっています。そのため、ディーラー側は売り上げを伸ばしたいがために下取り価格を高くすることも多いんです。

 

下取り価格が高くなるようにディーラー側の売り時を狙ってみましょう!

 

 

 

<車買取お役立ちページ>

 

 

車下取りに関する画像

 車下取り!【警告】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

 

車を売るときに下取りを行う人って意外と多いです。しかし、車の下取りで売ると損する可能性も実は高いんです。そこで、車を少しでも高く売る方法をご紹介しています。

 

 

【車の下取り価格】どうやって決まる?相場表ってあるの?記事一覧

1.車検が残っていると車の下取りでプラス査定になるのか?車を下取りに出すなら少しでも高く手放したいのはもちろん、損はしたくないですよね?そこで、今回は車を下取りしてもらうときに、『どのくらい車検が残ってるとプラス査定になるのか?』『プラス査定になった場合にはいくらぐらい高くなるのか?』『車検切れの車は下取りしてもらえるのか?』このような車の下取りと車検との関係性について解説していきます。車検が残っ...

1.廃車同然の車のディーラー下取りには要注意?誰だって廃車同然の車をディーラーが下取りしてくれたら嬉しいと思いますが...実は廃車同然の車をディーラーに下取りしてもらうとかえって損することがあります。そこで、ここでは『ディーラーが廃車同然の車を下取りする理由』からわたしたちが損をしないための方法を説明します。また、ディーラーに『下取り0円』と言われた場合、廃車費用を支払うことなく逆にこちらが得する...

1.車下取りの参考価格を知りたい場合は?車を買うときには下取り価格によって、『どのメーカーで新車を買うか?』『グレードはどうするか?』『オプションはどこまでつけるか?』このようなことを考える人も多いでしょう。ですが、車の下取り価格はディーラーで査定してからではないとわからないのでしょうか?そこで、ディーラーわざわざ出かけなくても『車の下取り価格がわかる方法』がないのかを見ていきます。ディーラー査定...

1.下取りと買取りの違いやどちらの査定額が高いか比較車を手放すときには『下取り』と『買取り』の2つの方法があるのですが、みなさんは下取りと買取りの違いがわかりますか?そして、同じ車でも下取りと買取りでは『査定額が大きく違う』ことがあるのをご存じですか?そこで、ここでは車の下取りと買取りを詳しく説明し、『どのような違いがあるのか?』『査定額はどっちがお得なのか?』『それぞれにメリットやデメリットがあ...

1.車をぶつけたときの傷やへこみで下取り価格はどうなる?車を下取りしてもらうときは誰だって高く査定してほしいものですが、車をぶつけたときの傷やへこみで下取り価格はどうなるのでしょうか?また、傷やへこみがあると、『どの程度の傷やへこみまで査定される?』『傷やへこみは修理しておいた方がいい?』などが気になると思いますので、車の下取りで傷やぶつけたときのヘコミがあると査定はどうなるのかを見ていきましょう...

1.ガソリンの量は下取り価格に影響するのか?ガソリンの残量で下取り価格が高くなったり安くなることはありません。誰だって愛車を下取りに出すなら少しでも高く引き取ってもらいたいですよね?そのため、ガソリンが満タンだと下取りで有利になるなら『ディーラーに行く前にガソリンスタンドによって給油しておこう』と考える人もいるでしょう。ところが、下取りの査定項目にはガソリンの量について一切書かれていません。そのた...

1.タイヤの状態で車の下取り価格はどれだけ違う?せっかく愛車を下取りに出すなら『できるだけ高く引き取ってもらいたい』と思うのは当然ですが、車の下取りではタイヤやホイールの状態も査定に影響してくるのでしょうか?そこで、ここでは車を下取りに出すときに、『タイヤやホイールは下取りにどれだけ影響するのか?』『スタッドレスタイヤがあると査定では有利なのか?』『有名なメーカーのアルミホイールだとプラス査定にな...

1.ディーラー下取り後の車はキャンセルできるのか?お客さんとトラブルを起こしたくないためキャンセルできることがあります。ディーラーや自動車メーカーはブランドイメージを守るためにも、お客さんとのトラブルはできるだけ起こらないようにしています。ですので、契約書を交わした後でも下取りに出した車を返してもらえる可能性があります。ただし、下取りは新車の購入とセットになっていることなどから、下取りをキャンセル...

1.車を3年や5年で下取りに出す人が多い理由『車は3年、または5年で乗り換えるべき』このようなことを聞いたことがある人も多いと思いますし、車の情報誌でも『3年や5年で乗り換えるのがおすすめ』と書かかれていることもあります。では、なぜ3年や5年で新車に乗り換えるのが良いのでしょうか?そこで、ここでは3年や5年で新車に乗り換える人が多い理由を解説します。また、3年、5年で下取りに出すメリット、デメリッ...