【車の下取りはいつがいい?】3年や5年で下取りに出す人が多い理由は?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

車の下取りに最適な年数は3年?5年?

 

車の下取りに最適な年数は3年?5年?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.車を3年や5年で下取りに出す人が多い理由

 

『車は3年、または5年で乗り換えるべき』

 

このようなことを聞いたことがある人も多いと思いますし、車の情報誌でも『3年や5年で乗り換えるのがおすすめ』と書かかれていることもあります。

 

では、なぜ3年や5年で新車に乗り換えるのが良いのでしょうか?

 

そこで、ここでは3年や5年で新車に乗り換える人が多い理由を解説します。また、3年、5年で下取りに出すメリット、デメリットから『下取りに出すタイミングはいつがベストなのか?』ということも見ていきましょう。

 

3年や5年で新車に乗り換える人が多い理由と下取りに最適な時期を解説します!

 

 

1-1.3年や5年で乗り換えれば車検費用を抑えられる

 

 

車の下取りに最適な年数は3年?5年?に関して詳しく説明している画像

 

 

特に3年で新車に乗り換えれば車検費用はかかりません。

 

通常車検は2年おきに行う決まりとなっていますが、新車に限っては1回目の車検だけは買ってから3年後になります。つまり、新車を買ってから3年以内に車を乗り換えれば車検費用を支払う必要がなくなります。

 

また、5年で新車に乗り換えると1回だけ車検を受ける必要があるのですが、最近の車は1回目の車検でエンジンなどに不具合が見つかることは少ないでしょう。そのため、基本的な車検費用である70,000円〜150,000円を支払うだけで済みます。

 

5年以内に新車へ乗り換えれば車検の出費を抑えられます!

 

 

 

1-2.メーカーの保証が3年や5年で切れるため

 

 

メーカーの保証が3年や5年で切れるために関して詳しく説明している画像

 

 

保証が切れると修理代などがかかるのを嫌って新車に乗り換える人が多くなります。

 

新車を買うときにメーカーの修理保証やメンテナンスパックなどに入る人も多いのですが、メーカー保証などは、

 

・3年以内、60,000キロ未満
・5年以内、100,000キロ未満

 

このようになっていることが多く、保証が切れると修理代などがかかるのを嫌って3年や5年で新車に乗り換える人が多くなります。

 

また、車は故障していなくても年式が古くなったり走行距離が多くなると下取り価格が下がりやすくなります。そのため、下取り値引きで新車をできるだけ安く買うために、3年や5年で車を乗り換える人が多くなります。

 

修理代や下取り価格のことを考えて5年以内で新車に乗り換える人もいます!

 

 

 

2.車を3年で下取りに出すメリットとデメリット

 

車を3年で下取りに出すメリットとデメリットに関して詳しく説明している画像

 

2-1.下取り価格が高いので新車を安く買える

 

 

下取り分の値引きやディーラーからのサービスも期待できます。

 

車の下取りでは年式が新しいほど高くなり、3年落ちであれば新車価格の50%以上の値段がつくこともあります。そのため、3年ごとに新車を買っても下取りの値引き分で実際に支払う金額を安く抑えることができます。

 

また、頻繁に買い換えるお客さんはディーラーにとっての『お得意様』なので、オプションなどの値引きも期待できます。さらに、購入後に万が一故障や不具合があっても、アフターサービスなどの対応が良くなるメリットがあります。

 

下取り値引きが期待できるだけでなくアフターサービスにも期待できます!

 

 

 

2-2.ローンの残りや税金などに注意

 

 

ローンの残りや税金などに注意する必要があるに関して詳しく説明している画像

 

 

ローンの残っていると下取り値引きがなくなったり新車を買うと税金などがかかります。

 

新車を現金で買う人は問題ありませんが、今乗っている車のローンが残っていると下取り価格とローン残高を相殺することが一般的です。そのため、ローンを相殺すると下取り値引きがなくなり新車を買うときの費用が高くなるので注意が必要です。

 

また、ローンを組んでいなかったとしても新車を買うときには、

 

・自動車取得税
・リサイクル料
・車庫証明

 

これらの費用や手数料がかかるので、車を頻繁に買い換えるほど税金などをたくさん支払わないといけません。

 

新車を頻繁に買い換えるほど自動車取得税などを多く支払う必要があります!

 

 

(参考)
ローンが残っている車は買取ってもらえますか?
【車下取りの税金はどうなる?】自動車税&消費税や書類など手続きまとめ

 

 

 

3.車を5年で下取りに出すメリットとデメリット

 

車を5年で下取りに出すメリットとデメリットに関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.ローンの残りや2回目の車検を気にしなくてもいい

 

 

下取りでローンの残り分を相殺されたり2回目の車検費用や部品代がかかりません。

 

新車を買ってから5年もたてばローンを組んでいたとしても、すでに支払いがほぼ終わっていることが多いでしょう。そのため、5年ごとに新車に乗り換えるのならローンの残りで下取り価格を相殺されることなく新車を買うことができます。

 

また、2回目の車検からは、

 

・ブレーキパット交換
・ブレーキオイル交換
・タイヤ交換

 

このような消耗品の交換費用もかかることが多くなっています。ですが、5年以内に車を下取りしてもらえば2回目の車検を受ける必要はなく、部品交換にかかる費用も支払う必要がありません。

 

部品交換がなくなるだけで50,000円以上もお金を節約することができます!

 

 

(参考)
【車の下取りと車検】査定額への影響は?車検切れの車はどうなる?

 

 

 

3-2.モデルチェンジなどの時期に注意

 

 

モデルチェンジなどが行われる可能性が高いに関して詳しく説明している画像

 

 

モデルチェンジなどが行われると旧モデルの下取り価格は安くなることがほとんどです。

 

車はどのメーカーでも5年前後でモデルチェンジやマイナーチェンジを行っています。そして、モデルチェンジなどが行われると新モデルに人気が集まり、需要と供給のバランスから旧モデルの下取り価格は安くなることがほとんどです。

 

そのため、新車を買ってから5年で買い換えを考えている人はモデルチェンジなどの前に買い換えることが大切です。モデルチェンジなどの発表はモーターショーなどで発表されることが多いため、テレビニュースや雑誌をしっかりとチェックしておきましょう。

 

なるべくモデルチェンジの発表前に下取りしてもらうのがおすすめです!

 

 

 

4.車の買い換えは3年後と5年後のどちらが良い?

 

車の買い換えは3年後と5年後のどちらが良い?に関して詳しく説明している画像

 

 

車の買い換えはローンの支払いなどから『5年後』がおすすめです。

 

車を3年で買い換えれば確かに車検費用を支払う必要はありませんが、

 

・ローンが残っていることが多い
・税金などを頻繁に支払う必要がある

 

このようなデメリットがあるので、ローンを支払いがほぼ終って税金などの支払いも最小限で済む『5年後』の買い換えがおすすめです。

 

ただし、下取り値引きがあっても5年後に新車を乗り換えるにはモデルチェンジやマイナーチェンジに注意する必要があります。ですので、特に今乗っている車がしばらくモデルチェンジなどを行っていないなら、できるだけ早めに乗り換えるようにしましょう。

 

税金などの支払いは少ないもののモデルチェンジの時期に注意しましょう!

 

 

5年後に新車へ買い換え

メリット

 ・ローンの残りが少ない

 ・ローンの残りを下取りで相殺されない

 ・税金などの支払い回数が少ない

デメリット

 ・モデルチェンジで下取り価格が下がりやすい

 ・1回は車検を受ける必要がある

 

 

(参考)
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?