【廃車同然の車】下取りで値段が付く?0円と査定された場合には?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

廃車同然の車をなぜディーラーは下取りするの?

 

【廃車同然の車】下取りで値段が付く?0円と査定された場合には?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.廃車同然の車を下取りする理由は?

 

廃車同然の車をディーラーが下取りしてくれる理由に関して詳しく説明している画像

 

1-1.ディーラーの目的は車を買ってもらうこと

 

 

あえて下取りをすることでお客さんを逃がさないようにしています。

 

廃車同然の車だと『廃車になるとお金を取られるのかな?』と心配している人も多いはずです。しかし、ディーラーは廃車費用を請求するどころか5万円や10万円で下取りしてくれる場合があります。

 

では、なぜディーラーは廃車同然の車にお金を出してでも下取りするかと言うと、下取り値引きがあると新車を買う意欲が高まるからです。また、他の店だと廃車費用がかかると伝えたりすることでお客さんを逃さないようにする効果も期待できるからです。

 

廃車同然の車をあえて下取りすることでディーラー側にメリットが生まれます!

 

 

 

1-2.廃車同然の車を下取りしてもディーラーは損をしない

 

 

廃車同然の車を下取りしてもディーラーは損をしないに関して詳しく説明している画像

 

 

下取りで値引きした分はオプションなどのおまけを削って回収しています。

 

ディーラーは廃車同然の車を下取りしても損をしないようになっているのですが、それはお客さんが新車を買ってくれるからだけではありません。ディーラーは下取りした分の金額を『オプションのおまけを削る』などをして回収しています。

 

つまり、結局はディーラー側が得するようになっているため、廃車同然の車の下取りには注意が必要です。

 

また、ディーラーが下取りした車を廃車する場合でも、自動車税などは税金を支払った人に還付されます。ですが、ディーラーはそうした還付金を『廃車手数料』などとして自分たちが受け取るようにしているので廃車費用がかかったとしても損しないようになっています。

 

ディーラーはおまけを削るなどで下取り分を回収できるため損をしません!

 

 

 

2.『下取り0円』の車を下取り以外でお金にする3つの方法

 

廃車同然の車を下取り以外でお金にする3つの方法に関して詳しく説明している画像

 

2-1.自分で廃車の手続きをする

 

 

自分で廃車手続きを行えば自動車税などを還付してもらえます。

 

ディーラーが廃車手続きをすると、本来税金を支払った本人に還付される、

 

・自動車税
・自賠責保険料
・重量税

 

これらをディーラーが『廃車手数料』として受け取ります。

 

ですが、自分で廃車手続きをすれば自動車税などを全てディーラーではなく自分が受け取れます。

 

【 廃車手続きの方法 】

 

まずはディーラーや解体業者から車を廃車にするために必要な『解体証明書』をもらいます。

 

そして、解体証明書をもらったら、

 

・印鑑証明書
・車検証
・ナンバープレート

 

これらを用意して運輸支局(陸運局)に向かいます。

 

そうすると、運輸支局で『永久抹消登録申請書』や『解体届け出書』を記入することができ、最後に自動車税などの還付書類を窓口に提出したら廃車手続きは完了になります。

 

 

なお、自分で廃車手続きを行っても還付されるのは支払った税金の全額ではなく、残りの月数に応じた『月割り』なので注意しましょう。また、還付金はその場で支払われるのではなく、およそ1ヵ月後に口座振り込みか指定された金融機関に行って受け取ります。

 

税金は月割りで還付され返金には時間がかかるので注意しましょう!

 

 

(参考)
【車下取りの税金はどうなる?】自動車税&消費税や書類など手続きまとめ

 

 

 

2-2.廃車専門の業者に廃車手続きをお願いする

 

 

廃車専門の業者に廃車手続きをお願いするに関して詳しく説明している画像

 

 

廃車になるような車を買取ってくれることがあります。

 

廃車専門の業者に廃車をお願いすると、

 

・解体費用
・廃車手続き費用
・解体証明書の発行費用

 

これらのお金がかかることもあります。

 

ですが、廃車専門の業者は解体したパーツを売って利益を出しているため、廃車になるような車でも数万円で買取ってくれる場合があります。

 

そのため、解体費用などを支払ってもわたしたちが損をすることはありません。また、廃車専門の業者のなかには還付された税金をわたしたちに返金してくれるところもあるので、還付された税金がどうなるのかを事前に確認しておくといいでしょう。

 

パーツ取りをしている業者なら廃車同然の車を数万円で売ることもできます!

 

 

(参考)
【水没車は売れる?】買取より廃車買取の方が高く売れる理由は?

 

 

2-3.買取り業者に査定してもらう

 

 

買取り業者に査定してもらうに関して詳しく説明している画像

 

 

海外へ輸出を行っている買取り業者なら廃車同然の車が高く売れることがあります。

 

日本車は年式が古かったり走行距離が多くなっていても海外ではとても人気があり、日本では廃車になるような車を海外へ輸出している業者も存在します。そのため、輸出を行っている業者なら廃車になるような車でも高く買取ってもらえる場合があります。

 

ですが、輸出を行っている業者は数が少なく自分で探すのは大変ですし、自宅から遠く離れていることもあり時間や手間がかかります。

 

そこでおすすめしたいのが一括査定サイトです!

 

一括査定サイトなら一度にたくさんの業者から見積りを取れるので輸出を行っている業者を見つけやすいメリットがあります。また、輸出を行っている業者が複数見つかった場合には査定額を比較してより高い値段をつけた方に売ることができます。

 

 

カープライスに関して詳しく説明して画像

 

 

廃車同然の車を高く買取ってくれる一括査定はこちら

https://www.carprice.co.jp/


 

 

 

(参考)
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?