【車下取り参考価格がわかるサイト2選】下取りシュミレーションは正確なの?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

参考価格と実際の下取り価格は同じなの?

 

シュミレーションと実際の下取り価格が違うことはないのか?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

1.車下取りシュミレーションサイト2選

 

『どのメーカーで新車を買うか?』
『グレードはどうするか?』

 

車の下取り価格次第で購入する車のオプションなど検討すると思いますが、実際、車の下取り価格はディーラーで査定してからじゃないと正確にはわかりません。

 

しかし、事前にシュミレーションして参考価格だけでも知りたいという方も多いと思います。

 

ディーラー査定以外で車の下取り価格がわかる方法を調べてみました!

 

 

1-1.【トヨタ】下取り参考価格サイト

 

 

【トヨタ】下取り参考価格サイトに関して詳しく説明している画像

(引用)toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

 

 

下取りシュミレーションで一番有名なのがトヨタのサイトです。

 

トヨタのシュミレーションサイトは匿名、個人情報不要で参考価格が確認できます。しかも、『メーカー』『車名』『年式』だけの入力で大体の参考価格が表示されるほど簡単です。

 

注意したいのは、下取りのシュミレーションで大切な『グレード』『走行距離』の項目がありません。そのため、査定額が相場とは離れているケースが多いです。

 

実際の価格とは離れているので参考価格として利用しましょう!

 

 

 

1-2.【日産】下取り参考価格サイト

 

 

【日産】下取り参考価格サイトに関して詳しく説明している画像

(引用)日産:下取り参考価格シミュレーション

 

 

下取りシュミレーションで次に有名なのが日産のサイトです。

 

トヨタと同じように匿名、個人情報不要で参考価格が確認できます。トヨタと違うところは『グレード』も選ぶことができるので、より正確な価格シュミレーションをすることができます。

 

『グレード』がわかるようにはなったのですが、『走行距離』はシュミレーションに入っていません。そのため、多少正確にはなりましたけど、相場とはけっこう違うケースも多いです。

 

正確ではありませんが日産のサイトを参考にするのが現実的かなと思います!

 

 

 

2.車下取りシュミレーションは正確なの?

 

下取りシュミレーションはどこまで正確?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.下取りの参考価格はどこまで正確?

 

 

シュミレーションサイトの査定額はあくまでも参考価格と考えるべきです。

 

下取り価格を決める時に、『走行距離』はとても大切な項目で、走行距離で下取り価格が50万円以上も違うこともあります。ですが、シュミレーションサイトでは走行距離ないため、査定額はあくまでも参考価格と考えるべきです。

 

それでも、トヨタや日産の下取りシュミレーションは簡単に使えて個人情報の入力もなければ無料で使えるメリットがあるので、

 

『とりあえずだいたいの価格がわかればいい』
『時間がないので急いで査定額を知りたい』

 

などという人におすすめで、実際に利用している人もたくさんいます。

 

正確ではないものの無料で使えるなど参考価格を知るには最適です!

 

 

 

2-2.正確な下取り価格の査定はディーラーしかない

 

 

正確な下取り価格の査定はディーラーしかないに関して詳しく説明している画像

 

 

正確な下取り価格はディーラーに行かないとわかりません。

 

正確な下取り価格を知るにはディーラーに行くしかないのですが、実際のディーラーでの査定項目は、

 

・メーカー、車種
・年式、グレード、走行距離
・車の傷やヘコミ
・シートの汚れや車内の臭い
・事故歴や修復歴

 

など、色々な項目の査定が行われるので、シュミレーションサイトの参考価格より下取り価格は確実に安くなるので注意してください。

 

しかも、ディーラーの下取り価格には相場はほとんどないので、『どの新車を選ぶか?』『決算時期』などによっても下取り値引きの金額はかなり変わるというのも知っておいてください。

 

正確な下取り価格はディーラーで交渉する中で決まるものなので注意してください!

 

 

(参考)
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?

 

 

 

2-3.下取りで満足できないなら一括査定

 

 

下取りで満足できないなら一括査定に関して詳しく説明している画像

 

 

下取りで満足できないケースは買取の一括査定がおすすめです。

 

実際に、ディーラーで下取り査定をしてもらって安くて納得いかないケースは非常に多いです。それは、ディーラーでの査定は1社でしかしないので、競争が起きずに査定価格が上がりにくいためです。

 

しかし、買取の一括査定を利用すれば、

 

下取りで満足できないなら一括査定に関して詳しく説明している画像

 

 

複数の会社で競争をするので査定額が上がりやすいんです。しかし、どうしても下取りが楽で良いという場合には、一括査定の見積もりだけもらってディーラーと交渉するというのもおすすめです。

 

下取りと一括査定の併用が一番お得に車を売れるのでおすすめです!

 

 

(参考)
【車の下取りと買取の違い&お得なのは?】メリットやデメリットを徹底比較

 

 

 

3.車下取り参考価格&シュミレーションQ&A

 

 

3-1.メーカー違いの車はなぜ査定額が下がるのか?

 

 

オークションに出す手間などがかかるため安く見積りする必要があります。

 

メーカー違いの車というのは基本的に自社の中古車販売店で売るのではなく、ディーラーはオークションに流して利益を出します。しかし、下取りした車が必ずしもオークションで高く落札してもらえるとは限りません。

 

また、オークションに出すまでにも車を再点検したり輸送費などさまざまなコストがかかります。そのため、オークションで確実に利益を出すため、メーカー違いの車は安く見積もる必要があります。

 

オークションで損をしないようにメーカー違いの車を安く査定されます!

 

 

 

3-2.カーナビやETCは下取りの査定額には関係ない?

 

 

カーナビやETCは下取りの査定額には関係ない?に関して詳しく説明している画像

 

 

カーナビやETCは下取りの査定額にはそれほど関係ありません。

 

下取りのシュミレーションサイトにはカーナビやETCがついているかどうかを入力する箇所がありません。また、ディーラー査定でも車の年式や走行距離などが主な査定項目になるため、カーナビやETCは査定額にはそれほど関係ありません。

 

一方、買取りの場合はカーナビやETCなどもしっかりと査定対象になります。そのため、下取り価格がいまひつと感じた場合は細かい部分まで査定してくれる買取業者に愛車を査定してもらうと良いでしょう。

 

買取りではカーナビなども査定対象なので車を高く売れる可能性があります!

 

 

(参考)
カーナビやETCは車買取でプラスの査定になる?

 

 

 

3-3.シュミレーションした時期で査定額が違うのはなぜ?

 

 

シュミレーションした時期で査定額が違うのはなぜ?に関して詳しく説明している画像

 

 

車の価値は時間の経過とともに変わっていくからです。

 

下取りは年式が査定額を決める大切な部分なので、特に年式が変わる12月と翌年の1月ではシュミレーションの査定額は大きく違います。また、メーカーは年に1度下取りの査定基準を見直すため、基準が変わったタイミングでも査定額は違ってきます。

 

さらに、モデルチェンジが行われると旧モデルは人気がなくなることがほとんどです。そのため、モデルチェンジの発表前後でもシュミレーションの査定額が大きく違うので注意しましょう。

 

モデルチェンンジしそうな車は早めに下取りしてもらいましょう!

 

 

 

4.メーカーごとの下取り参考価格一覧

 

メーカーごとの下取り価格相場表一覧に関して詳しく説明している画像