【車の下取りと買取の違い&お得なのは?】メリットやデメリットを徹底比較

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

車の『下取り』と『買い取り』の違いを徹底比較

 

車の『下取り』と『買い取り』の違いを徹底比較に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.下取りと買取りの違いやどちらお得なのか比較

 

車を手放すときには『下取り』と『買取り』の2つの方法があるのですが、みなさんは下取りと買取りの違いがわかりますか?

 

そして、同じ車でも下取りと買取りでは『査定額が大きく違う』ことがあるのをご存じですか?

 

そこで、ここでは車の下取りと買取りを詳しく説明し、

 

『どのような違いがあるのか?』
『査定額はどっちがお得なのか?』
『それぞれにメリットやデメリットがあるのか?』

 

車の下取りと買取りではどっちがお得かなどを比較していきましょう!

 

 

1-1.車の下取りと買取りの違いとは?

 

 

車の下取りと買取りの違いとは?に関して詳しく説明している画像

 

 

ひとつのお店で車の売買ができるのかどうかで違います。

 

 

簡単に説明すると、

 

・車の下取り:『車の購入+売却』
・車の買取:『車の売却のみ』

 

実際に、車の下取りと買取の流れがどう違うのかを見てみると、

 

 

車下取りの流れ

@

購入したい車のディーラーに行く

A

購入する車を決定する

B

今乗っている車の下取り価格の交渉をする

C

購入したい車のオプションの交渉もする

D

車の購入・売却をディーラー1社だけで完結

 

 

 

車買い取りの流れ

@

車の買取店で査定をする

A

査定価格の交渉をする

B

買取決定で数日後に現金の振り込み

 

 

 

1-2.どっちが査定額が高い&お得なのか比較

 

 

どっちが査定額が高い&お得なのか比較に関して詳しく説明している画像

 

買取りは下取りよりも査定額が高くなる傾向があります。

 

下取りには手続きなどに手間がかからないなどメリットがありましたが、なかには車を買取りに出してからディーラーで新車を買う人います。実は、ディーラーが行う下取りの査定額よりも買取店の査定額の方が高いからです。

 

今まで乗っていた車を下取りではなく買取りに出した方が新車をお得に買うことができます。そして、ディーラーと買取店の査定額には20万円〜30万円もの違いが出ることがあるので、最近では手間がかかったとしても買取りを選ぶ人が増えています。

 

買取りに出した方が下取りよりもお得に車を買うことができます!

 

 

 

2.なぜ買取りだと査定額が高くなるのか?

 

なぜ買取りだと査定額が高くなるのか?に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.買取業者は中古車を仕入れないと商売にならない

 

 

車を確実に仕入れるためディーラーの下取りよりも査定額を高くしています。

 

中古車販売店はまず中古車を仕入れないと売る車が無くなってしまい商売が成り立たなくなります。つまり、ディーラー下取りよりも高い査定額をつけてお客さんを逃さないようにしなければなりません。

 

しかし、ディーラーの場合は下取りで儲けなくても新車が売れさえすれば問題ありません。つまり、無理をしてまで中古車を仕入れる必要がないので、買取業者のようにお客さんが持ってきた中古車にわざわざ高い査定額をつけることはありません。

 

商売方法の違いから買取業者の方が査定額を高くしています!

 

 

 

2-2.買取りには下取りとは違って相場がある

 

 

買取りには下取りとは違って相場があるに関して詳しく説明している画像

 

 

相場があるお陰で買取業者は中古車を買い叩くことができません。

 

最近は『一括査定サイト』などから誰でも簡単に買取相場がわかるようになり、買取業者ごとの査定額を比較しやすくなりました。そのため、わたしたちは買取査定が一番高い業者に車を売ることができます。

 

しかし、ディーラーの下取りはどの新車を買うかなどによって査定額が大きく違うこともあります。そのため、正確な相場を知ることができず、査定額を比較しにくいため買取りのように査定額が高くなることはありません。

 

買取りは相場を見て業者の査定額を比較できるため車を高く売れます!

 

 

 

3.車下取りのメリット&デメリット

 

車下取りのメリット&デメリットに関して詳しく説明している画像

 

3-1.車の下取りのメリット

 

 

車の下取りのメリットは2つあります。

 

車の下取りの2つのメリットは、

 

@ 車の購入と売却の手続きが楽
A 買取で値段が付かない車でも値段が付く

 

車の下取りを利用すれば、1つのディーラーで『車の購入→売却』の2つの手続きをすることができるので、『買取→車の購入』と比べて圧倒的に手続きが楽です。

 

さらに、車の下取りは車を購入をしてもらうための『あくまでサービス』です。そのため、買取で値段が付かなくても、数万円で下取りオプションを付けてくれる場合がほとんどです。

 

面倒くさがりで古い車を乗っているかたに下取りはぴったりです!

 

 

(参考)
【廃車同然の車】ディーラー下取りで値段がつくのはなぜ?

 

 

 

3-2.車の下取りのデメリット

 

 

 

 

車の下取りのデメリットは3つあります。

 

車の下取りの3つのデメリットとは、

 

@ 買取より査定額が低くなりやすい
A 比較できないので交渉がしにくい
B 下取り額を現金としてもらえない

 

車の下取りは相場がなく、査定を1社のディーラーでしかしないことが多いので、交渉もしにくいため、買取と比較すると20万円近く査定額が安くなることもあります。

 

また、車の下取りは『車の購入が前提』なので、下取りは新車の値引きに使われるため、現金としてはもらうことができないのは要注意です。

 

現金としてもらえる金額を多くしたい方に下取りはおすすめできません!

 

 

 

4.車買い取りのメリット&デメリット

 

車買い取りのメリット&デメリットに関して詳しく説明している画像

 

4-1.車買い取りのメリット

 

 

車買い取りのメリットは2つあります。

 

車買い取りの2つのメリットは、

 

@ 下取りより査定額が高くなりやすい
A 買取額は現金として受け取れる

 

車の買取は他の業者と比較ができるので査定額が上がりやすいです。さらに、一括見積りを利用すれば数百社の査定を受けることもできます。最近ではサービスが改善され電話もかかってこなくなっています。

 

さらに、新しく車を購入する予定がなく現金が欲しい方は買取をしてください。車の下取りは車の購入が大前提なので、現金をもらうことはできません。

 

現金が必要で相場より高く売りたい方に買取はおすすめです!

 

 

 

4-2.車買い取りのデメリット

 

 

 

 

車買取のデメリットは3つあります。

 

車買取の3つのデメリットは、

 

@ 新車の購入の場合、手続きが面倒
A 新車の購入の場合、代車が必要
B 古い車は査定額が付かないことも

 

 

買取の場合、『車の買取』『車の購入』が別の会社の場合がほとんどなので、2社分の書類が必要になるので面倒です。さらに、新車の納期が延びれば代車の必要も出てきます。

 

さらに、買取の場合には、業者は『車を購入→販売』する必要があるので、下取りとは違って市場価値がない車の買取には値段が付かないで廃車費用が取られることもあるので要注意です。

 

手続きを楽にしたい市場価値がない車に乗っている方は下取りの方がお得です!

 

 

 

5.【あなたはどっち?】下取りor買い取り

 

【あなたはどっち?】下取りor買い取りに関して詳しく説明している画像

 

 

どっちを選んだらあなたにとってお得なのでしょうか?。

 

車の下取りのメリット&デメリット。車の買取のメリット&デメリットを確認してきました。しかし、実際、『車の下取り』『車の買取』は好みが分かれるのでどっちがおすすめなのかご紹介します。

 

<車の下取りがおすすめ>

 

 

・手続きが楽で1社で済ませたい
・現金じゃなく新車を購入したい
・新車を安く&オプションを付けたい
・買取より査定額が低くでもOK
・買取では値段が付かない車に乗ってる

 

(参考)
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?

 

<車の買い取りがおすすめ>

 

 

・査定価格を少しでも高くしたい
・新車を購入する予定がない
・売却して現金が欲しい
・手続きは多少面倒でもOK

 

(参考)
車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!