【車の下取りと車検】査定額への影響は?車検切れの車はどうなる?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

車の下取り価格に車検の残りはどれだけ影響するの?

 

車の下取り価格に車検の残りはどれだけ影響するのかを解説に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.下取り前に車検は通した方が良い?

 

下取り前に車検は通した方が良い?に関して詳しく説明している画像

 

1-1.下取り前の車検は損をします

 

 

下取り前に車検を通してしまうと損をするのでやめてください。

 

1回の車検をすると平均すると10万円はかかります。しかし、車検を通したからといって査定額は数万円UPする程度で、『車検費用>査定額UP』なので確実に損をします。

 

下取りを行うディーラーは自社工場や提携のしている工場があるため、一般に私たちが車検するより格安で車検ができるので査定額は少ししかUPしないんですね。

 

そのため、車検が切れそうでもそのまま下取り査定をしてもらいましょう!

 

 

 

1-2.車検の残りが少ない車の下取りには要注意

 

 

車検の残りが少ない車の下取りには要注意に関して詳しく説明している画像

 

 

車検の残りが少ないことを理由に安く下取りしようとする業者がいます。

 

車検が13ヵ月以上残っていても2万円〜3万円しかプラス査定にならないとは言え、車検切れギリギリに下取りしてもらうのはおすすめしません。なぜなら、車検の残りが少ないことを理由に安く下取りしようとする業者がいるからです。

 

しかし、これは業者が少しでも安く下取りするために使う交渉手段のひとつです。そして、実際には車検が少しでも残っていればマイナス査定にはならないため『他のところで車を売る』と言って業者の言うことには付き合わないことが大切です。

 

車検の残りが少なくても査定額はマイナスになりません!

 

 

 

2.車検が残っていると下取りでプラス査定になる?

 

車検が残っていると下取りでプラス査定になる?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.車検の残り月数が多いとプラス査定になる

 

 

車検が13ヵ月以上残っているとプラス査定になります。

 

車の下取りでは年式、走行距離の他に『車検がどれだけ残っているか』も大切で、車検の残りが多いほどプラス査定となります。そして、プラス査定になるかどうかは『車検が13ヵ月以上残っているかどうか』が基準となっています。

 

では、反対に『車検が1年未満』などの場合はどうなるかと言うと、プラス査定にはならないがマイナス査定になることもありません。それでも、車検が少しでも長く残っていた方が業者にとっては『下取りする価値がある』と判断されやすくなります。

 

車検が残っているほど下取りは有利なので早めに査定してもらいましょう!

 

 

 

2-2.車検が残っているといくらプラス査定になるの?

 

 

車検の残りっているといくらプラス査定になるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

車検が13ヵ月以上残っていても2万円〜3万円ほどしかプラス査定になりません。

 

車検の残りが13ヵ月以上だと車の下取りではプラス査定にはなるのですが、過度の期待は禁物です。なぜなら、車検が13ヵ月以上残っていても2万円〜3万円のプラス査定にしかならないことが一般的だからです。

 

なお、車検を通すときには、

 

・車検費用
・重量税
・自賠責保険料

 

これらの費用から普通車の場合が10万円〜15万円、軽自動車で7万円〜10万円かかります。しかし、車検が13ヵ月以上残っていても2万円〜3万円のプラス査定にしかならないため、下取り価格を高くするために車検を通すとかえって損をします。

 

車検費用よりもプラス査定になることはないので注意しましょう!

 

 

 

3.車検切れの車は下取りしてもらえる?

 

車検切れの車は下取りしてもらえる?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.車検切れの車でも下取りは可能

 

 

下取りは可能ですが注意しなければならないことがあります。

 

車検切れの車でも下取りできるのですが、車を長い間動かしていないとエンジンやバッテリーの故障が起きやすくなります。そのため、修理が必要な場合にはその分だけマイナス査定となったり値段がつかないこともあります。

 

また、車検切れの車は公道を走れないので業者に自宅まで査定や引き取りに来てもらうことになります。そうすると、出張費用やレッカー費用などがかかることもあるので、査定の前に確認しておくようにしましょう。

 

車検切れの車の査定などには費用がかかる場合があるので注意しましょう!

 

 

 

3-2.車検切れであっても書類はしっかり用意

 

 

車検切れであっても書類はしっかり用意に関して詳しく説明している画像

 

 

少なくとも自動車税の納税証明書は必ず必要になります。

 

車検切れの車であっても車検証、自賠責保険証などはしっかりと用意しておきましょう。特に自動車税の納税証明書は車検切れであっても必ず必要なので、もし紛失しているのなら税務署や市役所などで再発行してもらう必要があります。

 

また、整備記録が残っているのなら査定時に必ず見せるようにしましょう。オイル交換などのメンテナンスがきちんと行われていれば『状態の良い車』と好印象を持たれやすくなるのでプラス査定となることがあります。

 

車検証や納税証明書の他にも整備記録などを忘れずに準備しておきましょう!

 

 

(参考)
【車下取りの税金はどうなる?】自動車税&消費税や書類など手続きまとめ
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?