【車下取りの査定時間】どのくらいかかる?査定に行く時間がない人は?

車下取り

車下取りの査定時間は?査定に行けないときの解決策を紹介

 

車下取りの査定時間は?査定に行けないときの解決策を紹介に関する画像

 

1.車の下取り査定にかかる時間はどのくらい?

 

査定自体は20分〜30分で終りますが商談によって長引くこともあります。

 

車をディーラーで下取り査定してもらうときには年式や走行距離だけでなく、

 

・エンジンの状態
・足回りの状態
・ボディの傷やへこみ
・内装の汚れ

 

これらを確認するため20分〜30分かかることがほとんどです。

 

ただし、下取りの場合は新車を買うことが前提になっているので、どの新車を買うかで下取りの査定額が違ってきます。そのため、新車購入の予算やグレード、オプションなどを話し合うために査定を含め1時間以上かかることもあります。

 

査定は2、30分ですが商談に時間がかかることもあるので注意しましょう!

 

 

 

2.下取り査定の時間をできるだけ短くしたい場合は?

 

下取り査定の時間をできるだけ短くしたい場合は?に関する画像

 

 

2-1.下取りに必要な書類を揃えておく

 

 

車検証や整備記録をすぐに見せられるようにしておきましょう。

 

車の下取り査定では年式を『車検証』、事故や修復歴を『整備記録』などで確認するのが一般的です。そのため、スムーズに下取り査定が行えるよう、車検証や整備記録をすぐに見せられるようにしておきましょう。

 

また、すぐに下取りしてもらって新車を買いたい場合には、

 

・実印
・印鑑登録証明書
・自動車納税証明書

 

これらを持っていくと手続きの時間が短くなったり、下取りに出した車の名義変更などで何度もディーラーへ行かなくて済みます。

 

査定時間を短くしたり名義変更などのためにも書類を準備しておきましょう!

 

 

(参考)
車の下取りと必要な書類、自動車税の取り扱いなど

 

 

 

2-2.ディーラーに電話予約してから行く

 

 

ディーラーに電話予約してから行くに関する画像

 

 

ディーラーにあらかじめ電話しておくと下取りの査定や商談が待たずにできます。

 

ディーラーは電話予約も受け付けているので、予約しておくと営業マンがすぐに対応してくれるので店舗で待たされずに済みます。また、エンジンや足回りなど見る整備士も準備してくれているので査定をすぐに始めてくれます。

 

さらには、予約したときに『この後予定があるので時間がない』と言えば、査定時間が短くなるだけでなく商談も時間内で終わります。そのため、商談が苦手な人はディーラーにいられる時間をあえて伝えておくのもおすすめです。

 

予約しておくと査定時間が短くなるだけでなく商談も長引かずに済みます!

 

 

 

3.ディーラーの下取り査定に行く時間がない人は?

 

ディーラーの下取り査定に行く時間がない人は?に関する画像

 

 

仕事が忙しいなどでディーラーに行けない人は一括査定サイトでの買取りがおすすめです。

 

車の下取りではよほど付き合いのあるディーラーでないと自宅まで下取り査定に来てもらえません。

 

ですが、一括査定サイトを使った『買取り』なら業者が自宅まで査定や引き取りに来てくれるので、ディーラー下取りのようにわざわざ出かける必要はありません。

 

さらに、一括査定サイトなら...

 

・24時間いつでも見積り依頼ができる
・1度に複数の業者から見積りがもらえる
・査定額を比較して一番高い業者に売れる

 

このようなメリットがあり、ディーラーの下取りよりも手間をかけずに『査定額が高くなった』という人もたくさんいます。

 

 

 

 

【車下取りの査定時間】どのくらいかかる?査定に行く時間がない人は?

 

下取りよりも車が高く売れる一括査定はこちら

https://ucarpac.com/