【車の下取りとタイヤ&ホイール】ディーラー査定への影響を徹底調査!

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

新品のタイヤや有名メーカーのアルミホイールだとプラス査定?

 

新品のタイヤや有名メーカーのアルミホイールだとプラス査定?に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.タイヤの状態で車の下取り価格はどれだけ違う?

 

せっかく愛車を下取りに出すなら『できるだけ高く引き取ってもらいたい』と思うのは当然ですが、車の下取りではタイヤやホイールの状態も査定に影響してくるのでしょうか?

 

・タイヤやホイールは下取りに影響するの?
・スタッドレスタイヤだと査定では有利なの』
・有名なメーカーのアルミホイールだとプラス査定?

 

タイヤやホイールが車の下取りにどれだけ影響するかなどを見ていきましょう!

 

 

1-1.車の下取りでタイヤの査定基準は?

 

 

車の下取りでタイヤの査定基準は?に関して詳しく説明している画像

 

 

タイヤの溝が1.6mm以上残っているかどうかが主な査定基準となっています。

 

車の下取りでは査定項目が書かれた『イエローブック』という本があり、このイエローブックではタイヤも査定項目のひとつとなっています。そのため、タイヤの状態が良くないとマイナス査定となることがほとんどです。

 

なお、マイナス査定になるかどうかはタイヤの溝が『1.6mm以上』残っているかどうかで決まります。また、溝が1.6mm以上残っていたとしても、ひびが入っていたりするとマイナス査定となるので注意が必要です。

 

タイヤの状態が悪いと1万円程度のマイナス査定となることがあります!

 

 

 

1-2.査定前にタイヤを新品にしておいた方がいい?

 

 

査定前にタイヤを新品にしておいた方がいい?に関して詳しく説明している画像

 

 

新品のタイヤに履き替えても損する可能性があるのでおすすめできません。

 

新品のタイヤに履き替えると安いものでも工賃を含めて25,000円〜30,000円くらいはかかります。しかし、新品のタイヤならマイナス査定にはなりませんが、交換した費用の分だけプラス査定になるわけではありません。

 

つまり、タイヤ交換にかかった費用は車の下取り価格で取り戻すことはできずに損をしてしまいます。そのため、マイナス査定になるかもしれませんが、古いタイヤのまま査定してもらった方が結果的には損する金額が少なくて済みます。

 

タイヤ交換にお金をかけてもその分だけプラス査定になることはありません!

 

 

 

1-3.スタッドレスタイヤを履いているとプラス査定になる?

 

 

スタッドレスタイヤを履いているとプラス査定になる?に関して詳しく説明している画像

 

 

スタッドレスタイヤでも査定には大きな影響がなくプラス査定にはなりません。

 

車の下取りではスタッドレスタイヤかどうかで査定額が安くなることもなければ高くなることもありません。そのため、シーズンタイヤがあるのならスタッドレスタイヤはタイヤ専門店やネットオークションなどを使って売るのがおすすめです。

 

なお、スタッドレスタイヤはホイール(有名メーカーではない)つきで、4本4,000円〜8,000円が相場となっています。ただし、スタッドレスタイヤは2年〜3年でゴムが劣化し、氷や雪への吸着力が落ちるので溝が残っていても買取り価格が安くなることもあります。

 

ひびが入っているなど劣化しているものだと値段がつかないこともあります!

 

 

 

1-4.車下取りはシーズン用タイヤの方が良い?

 

 

車下取りはシーズン用タイヤの方が良い?に関して詳しく説明している画像

 

 

時期に関係なくスタッドレスタイヤを履いたままで問題ありません。

 

雪や凍結の心配がなくなった時期でもディーラーはスタッドレスタイヤを履いた状態のままで引き取ってくれます。そのため、わざわざ工賃を払ってシーズン用タイヤに交換してもらったりする必要はありません。

 

なお、必要がなくなったシーズン用タイヤはディーラーに無料で引き取ってもらうこともできます。ただし、状態の良いシーズン用タイヤならタイヤ専門店などに持って行けばホイールも含めて1,000円〜5,000円で買取りしてもらえます。

 

不要になったタイヤは買取店に持って行けば多少なりともお金になります!

 

 

 

2.車の下取りではホイールも査定される?

 

車の下取りではホイールも査定される?に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.ホイールの状態も査定項目に入っている

 

 

ホイールも査定されるので状態などによってはマイナス査定となることもあります。

 

車の下取りではタイヤの溝も重要でしたが、ホイールも同様に査定され、傷やひび割れの状態によってはマイナス査定となります。また、ディーラーの下取りでは純正ホイールの方が好まれる傾向があります。

 

そのため、どんなに人気のあるメーカーのアルミホイールでも社外ホイールだとプラス査定にならないことがほとんどです。また、ホイールのデザインは好き嫌いが分かれるため、あまりにも派手なデザインだとマイナス査定になることもあります。

 

ディーラー下取りでは純正ホイールの方が査定で有利となります!

 

 

(参考)
パーツはプラスの査定になりやすい?

 

 

 

2-2.純正以外のアルミホイールをお金に換えたい場合は?

 

 

純正以外のアルミホイールをお金に換えたい場合は?に関して詳しく説明している画像

 

 

カーパーツの専門店に買取ってもらったりネットオークションに出すのがおすすめです。

 

ディーラーの下取りでは純正ホイールの方が好まれるので、有名メーカーのアルミホイールでもマイナス査定になることもあります。そのため、有名メーカーのアルミホイールはカーパーツの専門店で買取ってもらったり、ネットオークションに出すのがおすすめです。

 

ただし、ホイールやタイヤのついていない車は下取り価格が下がることもあるので、ホイールを売りたい場合には、

 

『ホイールがない状態でも引き取ってもらえるか?』
『ホイールがないといくらマイナス査定になるのか?』
『ディーラーでホイールを外したときの工賃は?』

 

これらのことを事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

ホイールを買取りやオークションに出して損をしないように注意しましょう!

 

 

(参考)
【車下取り相場】下取り価格はどう決まるの?相場表はあるの?