【買取額が39万円も高くなった!】マツダRX-8の査定で得する方法は?

車下取り【要注意】下取りに出してしまうと30万円以上損する可能性も!

マツダRX-8を35万円も高く売るために大切なことは?

 

1-1.マツダ『RX-8』を高く売却するためのポイント

 

 

RX-8を高く売るためには多くの買取業者で査定してもらいましょう。

 

マツダ『RX-8』は同メーカーが販売した最後のロータリーエンジンモデルで、いまだに根強い人気を誇っているものの買取相場は徐々に下がりつつあります。

 

RX-8の買取相場が下がっている理由

 

・販売終了から時間がたっている
・走行距離の多い車が目立つ
・供給パーツが少なくなってきた

 

 

そのため、RX-8は早いうちに査定してもらった方が高く売りやすいのですが、H24年式スピリットRでは『業者ごとの査定額に39万円もの差』が出ています。

 

最低額

最高額

金額の差

スピリットR
(H24年式)

211万円

250円

39万円

 

 

つまり、RX-8は業者選びをしっかりしないと39万円も損する可能性があります!

 

では、どうしたら損することなく高く売れるのでしょうか?

 

その答えは『できるだけ多くの業者で査定してもらう』ことです。

 

それに、RX-8はもともと人気のある車ですから、査定額を業者同士で競わせれば相場以上に高く売れる可能性だってあります。

 

 

 

 

ズバット車買取に関して詳しく説明している画像

 

RX-8が高く売れる一括査定はこちら

https://www.zba.jp/


 

 

 

1-2.マツダ『RX-8』過去7年の査定相場

 

 

年式

型式

グレード

査定相場

2013年
(平成25年)

SE3P

スピリットR

122万円〜155万円

2012年
(平成24年)

SE3P

スピリットR

211万円〜250万円

SE3P

タイプG

112万円〜145万円

2011年
(平成23年)

SE3P

タイプRS

188万円〜220万円

SE3P

タイプS

75万円〜107万円

2010年
(平成22年)

SE3P

タイプE

77万円〜109万円

SE3P

タイプRS

155万円〜193万円

2009年
(平成21年)

SE3P

タイプE

76万円〜101万円

SE3P

タイプRS

85万円〜117万円

SE3P

タイプS

66万円〜86万円

2008年
(平成20年)

SE3P

タイプE

63万円〜84万円

SE3P

タイプRS

115万円〜149万円

SE3P

タイプS

97万円〜133万円

SE3P

ベースグレード

55万円〜71万円

2007年
(平成19年)

SE3P

タイプE

32万円〜42万円

SE3P

タイプE サンドベージュ
レザーパッケージ

37万円〜54万円

SE3P

タイプS

60万円〜88万円

SE3P

タイプS サンドベージュ
レザーパッケージ

135万円〜168万円

SE3P

ベースグレード

22万円〜38万円

SE3P

マツダスピードM’zチューン

75万円〜102万円

 

 

RX-8が高く売れる一括査定はこちら

https://www.zba.jp/


 

 

 

2.マツダ『RX-8』を売った人の口コミ

 

マツダ『RX-8』を売った人の口コミに関して詳しく説明している画像

 

 

【 買取店に持っていくのが正解 】

 

乗り換えでRX-8を下取りに出したのですが、ディーラーが提示したのは何と60万円!

 

話にならなかったので大手買取店で査定してもらうと、下取りを大きく超える100万円もの値段がつきました。

 

では、何でこれほどの差が出るかと言うと、ディーラーの下取りはどの車でも一定の基準で査定されるみたいなんです。

 

根強いファンがいる車でも人気などが考慮されないみたいなので、RX-8のような車は買取店に持っていくのが正解みたいです。

 

H21年式 タイプRS

走行距離

5.8万キロ

都道府県

広島県

査定額

100万円

差額

40万円(下取りとの比較)

 

 

【 高く売れる方法がちゃんとあるんですね 】

 

RX-8をたくさんの業者で査定してもらったのですが、26万円が最高で納得のいく金額になりませんでした。

 

そこで、知り合いに相談すると『スポーツカーのチューニングをやっている親戚がいる』とのことで、さっそくその人にRX-8の値段を聞いてみると、41万円にもなったので迷わず売りました。

 

H19年式 タイプE

走行距離

7.9万キロ

都道府県

佐賀県

査定額

41万円

差額

15万円(9社比較)

 

 

【 純正ホイールを取っておいて良かった 】

 

H22年式タイプEを売ったときなんですが、80万円の査定額からスタートして交渉していったところ、

 

『純正ホイールもつけてもらえるなら85万円にします』

 

というので、引き取り時に自宅で保管していた純正ホイールも売ることに。

 

(他にも4店ほどまわりましたが、85万円が最高でした。)

 

なんでも、純正ホイールなら好き嫌いがないので、純正ホイールがあるかどうかで査定額が変わってくるみたいなんです。

 

自分のなかで純正ホイールは何かあったときのためのスペアタイヤ感覚でしかなかったのですが、ちゃんと取っておいて良かったです。

 

H22年式 タイプE

走行距離

7.2万キロ

都道府県

群馬県

査定額

85万円

差額

12万円(5社比較)

 

 

【 親切な対応で気持ちよく売れました 】

 

自宅近くにある買取店なんですが、接客がイマイチでRX-8をどこで売ろうか迷っていたんです。

 

(以前ロードスターを売ったときに、上から目線でいろいろ言われました。)

 

そのため、一括査定サイトを使ってみたのですが、すぐに大手買取業者に売ることが決まり、自宅まで引き取りに来てもらったうえに親切な対応で気持ちよく売れました。

 

H24年式 スピリットR

走行距離

6.5万キロ

都道府県

神奈川県

査定額

223万円

差額

19万円(10社比較)

 

 

【 一括査定を使ったらRX-8の査定額が跳ね上がった 】

 

RX-8を売るときなんですが、自分が乗ってたのはH18年式のベースグレードということもあって10万円〜15万円にしかなりませんでした。

 

ですが『買ったときは高かったんだから』と査定結果に納得がいかず、一括査定サイトも使ってみることに。

 

すると、すぐに業者から連絡が来て、何といきなり最高額の20万円で査定してもらえました!

 

最終的にはその業者にではなく別の業者(全国展開している大手)に27万円で売ったのですが、一括査定サイトを使った途端にいきなり査定額が跳ね上がったのにはびっくりしました。

 

H18年式 ベースグレード

走行距離

6.8万キロ

都道府県

岡山県

査定額

27万円

差額

17万円(15社比較)

 

 

 

RX-8が高く売れる一括査定はこちら

https://www.zba.jp/


 

 

 

3.マツダ『RX-8』の買取・査定Q&A

 

マツダ『RX-8』の買取・査定Q&Aに関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.アルミホイールなどはプラス査定になりますか?

 

 

通常の買取店ではプラス査定にならないケースが多くなっています。

 

一般的な買取店ではできるだけノーマルに近い状態の車を好むので、アルミホイールやマフラーなどを付け替えているとマイナス査定となることがあります。しかし、その一方でスポーツカーに力を入れているお店などではプラス査定となる可能性があります。

 

そのため、パーツも高く買取ってもらいたい場合には専門店などで査定してもらいましょう。なお、そうしたお店が近くにない場合には純正ホイールなどに戻しておけばマイナス査定となることはないので安心してください。

 

ホイールなどの査定は買取店によって大きく違っているので注意しましょう!

 

 

 

3-2.走行距離で買取相場はどれだけ違いますか?

 

 

走行距離によってRX-8の買取相場は大きな差が出ています。

 

走行距離は査定額の大きなポイントで、RX-8の買取相場にもかなりの影響があります。

 

そこで、H21年式 タイプSを例に走行距離ごとの買取相場を見てみると、

 

走行距離

買取相場

H21年式 タイプS

1万キロ

〜98万円

3万キロ

〜76万円

5万キロ

〜65万円

7万キロ

〜57万円

10万キロ

〜51万円

12万キロ

〜46万円

 

 

『1万キロ』と『12万キロ』では買取相場に52万円もの差が出ています。

 

また、RX-8のようなスポーツカーは多少年式が古くても走行距離やエンジンの状態など『走行性能』に関わる部分が査定で重要視されます。そのため、他の車以上に走行距離によって査定額が大きく違ってくることもあります。

 

RX-8は乗りつぶさないうちに査定してもらうことをおすすめします!

 

 

 

3-3.RX-8を査定してもらうときの注意点は?

 

 

RX-8を査定してもらうときはロータリーエンジンの状態に注意する必要があります。

 

RX-8を査定してもらうときは特にエンジンの状態に注意する必要があり、年式が古いRX-8ほどエンジンの圧縮漏れを厳しく査定されます。そのため、年式の古いRX-8だとエンジンの状態によってはほとんど査定額がつかないことがあります。

 

ですが、古いRX-8でもエンジンの乗せ換えやオーバーホールによって高価買取となったケースもあります。ただし、そのような場合には整備記録簿などがしっかりあることが条件になりますので、査定前に整備記録簿がちゃんとあるか確認しておいてください。

 

年式の古いRX-8ほどエンジンの状態を万全にして査定してもらいましょう!

 

 

 

4.マツダ『RX-8』のイチ押しポイント

 

マツダ『RX-8』のイチ押しポイントに関して詳しく説明している画像

 

 

4-1.大人4人が乗れるスポーツカー

 

 

観音開きのドアを採用することで後部座席が広くなりました。

 

マツダ『RX-8』は2003年〜2012年に販売されたFRスポーツカーで、ピラー内臓の観音開きのフリースタイルドアが特徴的です。

 

そして、観音開きのドアによって車内空間を広く設計できるようになり、クーペスタイルのスポーツカーでありながら大人4人が乗れるようになっています。

 

また、内装にもこだわったサンドベージュレザーパッケージといった特別仕様モデルも用意されていて、なかでも『スピリットR』は大変人気があり、中古車市場でも高値で販売されています。

 

スポーツカーでありながら車内が広くて内装のデザイン性にもこだわっています!

 

 

 

4-2.マツダ独自のロータリーエンジンを採用

 

 

さらにNAエンジンにしたことでより伸びのある加速を実現しています。

 

RX-8はRX-7の後継車ということもあり、エンジンは引き続きロータリーシステムを採用しています。そして、マツダで最後のロータリーエンジンとなったことで今なお購入を希望する人がたくさんいます。

 

なお、RX-8はRX-7とは違ってターボエンジンではなくNA(自然吸気)エンジンを採用しています。そのため、従来までのターボエンジンと比較して高回転域までスムーズに達し、滑らかで伸びのある加速を実現しています。

 

RX-8はNAのロータリーエンジンなので今までとは違った走りを楽しめます!